本文へスキップします。

News & Topics

ワールドマスターズゲームズ2021 関西組織委員会、笹川スポーツ財団、
日本スポーツボランティアネットワーク3者による連携協定を締結

2018年08月21日

新着情報

  公益財団法人ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会と公益財団法人笹川スポーツ財団並びに特定非営利活動法人日本スポーツボランティアネットワークは、ワールドマスターズゲームズ2021 関西の成功に向けた連携協定を締結しました。

  大会開催まで1000日前となる8月18日(土)、関西国際空港にて、協定締結の調印式を実施。
「スポーツボランティアの育成について」「スポーツボランティアに対する理解促進について」「スポーツボランティアに関する情報共有について」「その他、大会の準備・運営における必要な事項について」の4項目において、ワールドマスターズゲームズ2021 関西組織委員会及び日本スポーツボランティアネットワークと連携・協力体制を構築することを確認しました。

  木下博夫ワールドマスターズゲームズ2021 関西組織委員会事務総長は、「両団体と連携することは組織委員会にとって非常に大きな力になる。大会成功に向けて邁進していきたい」と抱負を述べられました。

  渡邉一利笹川スポーツ財団理事長・日本スポーツボランティアネットワーク理事長は「笹川スポーツ財団のミッションは、Sport for Everyone 社会の実現である。30歳以上であれば誰もが参加できるワールドマスターズゲームズとは、その目指す方向性は合致している。ボランティアの育成を通じて、大会の成功とその後のボランティアレガシーの創出に貢献できるよう協力していきたい」と意気込みを語りました。

調印の様子

調印の様子
左:木下博夫氏(ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会事務総長)<br>
右:渡邉一利(笹川スポーツ財団・日本スポーツボランティアネットワーク理事長)

左:木下博夫氏(ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会事務総長)
右:渡邉一利(笹川スポーツ財団・日本スポーツボランティアネットワーク理事長)




右から:松本正義氏(ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会会長)、井戸敏三氏(ワールドマスターズゲームズ2021関西組織委員会会長)、
渡邉一利(笹川スポーツ財団・日本スポーツボランティアネットワーク理事長) 、武井壮氏(大会応援大使)

■ワールドマスターズゲームズ2021 オフィシャル Website
 

ページの先頭に戻る