本文へスキップします。

インフォメーション

チャレンジデー2013アワード(広報アイデア賞)授与式

左から
渡邉一利(笹川スポーツ財団 専務理事)
五十嵐忠悦氏(横手市長)

関係者、来賓の皆様

8月22日(木)、チャレンジデー2013アワード「広報アイデア賞」を受賞された秋田県横手市を、笹川スポーツ財団の渡邉一利専務理事が訪問し、五十嵐忠悦市長に記念の楯を贈呈しました。

「広報アイデア賞」はユニークな方法でチャレンジデーを広報した自治体に贈られます。2010年以降は該当がありませんでしたが、今回は横手市と豊岡市(兵庫県)がともに受賞となりました。横手市はチャレンジデーの開催を広く市民に知らせるとともに、対戦相手である兵庫県豊岡市との交流をアピールするために、開催に先立ち、地元FMラジオ局を広報媒体として積極的に活用。ラジオを通じてのエール交換や、各種プログラムの紹介を行い、このたびの受賞となりました。

「健康な心と身体をつくる」とした「スポーツ立市よこて」の宣言後、初のチャレンジデーとなった今回は、横手全市を挙げての実施となりました。当日は、アテネパラリンピック・男子マラソン金メダリストであり、「横手市スポーツ大使」にも選ばれている高橋勇市選手によるランニングイベントをはじめ、年令を問わずに参加できる多彩なプログラムが用意されました。
対戦結果は1%の僅差ながら参加率71%で横手市が勝利し、対戦相手の豊岡市のコミュニティFM局で横手市歌が放送されるという栄誉を手にすることもできました。

五十嵐市長は受賞にあたり、「チャレンジデーに参加の皆さんには、当日だけでなく継続してスポーツに親しんでいただきたいと思います。これからもチャレンジデーでスポーツを始めるきっかけを提供するとともに、生涯スポーツに取り組める環境整備にも努めます。」と喜びを述べられました。

終始とても和やかな雰囲気の中で、関係者の笑顔が印象的な授与式となりました。

ページの先頭に戻る