本文へスキップします。

チャレンジデー

チャレンジデーから始まった新たな事業

秋田県 男鹿市

「毎月最終水曜日はミニチャレンジデー」

目的

ミニチャレンジデーについて(チラシ)

ミニチャレンジデーについて(チラシ)
クリックで拡大表示


広報おが 平成29年12月号

広報おが 平成29年12月号
クリックで拡大表示

男鹿市では2012年からチャレンジデーを実施しており、2014年から、毎月最終水曜日を、地域の輪・職場の輪・健康の輪を広げることを目的とした「ミニチャレンジデー」と設定し、更なる健康づくりを推進している。

実施内容

  • 住民が自主的に15分以上の運動・スポーツを行い、自ら報告する。
  • 報告はその週の金曜日までに体育施設や公民館に電話やEメール、FAXで行う。
  • 実施日や参加率は男鹿市のホームページや市の広報誌を通じて周知している。

2017年度の開催日と結果

開催日 参加者 参加率
4月26日 475人 1.65%
6月29日 402人 1.40%
7月26日 354人 1.23%
8月30日 170人 0.59%
9月27日 526人 1.84%
10月25日 425人 1.49%

 チャレンジデー参加率

開催年度 参加率
2014年度 47.30%
2015年度 52.50%
2016年度 50.70%
2017年度 55.10%
担当者から

男鹿市では、チャレンジデーを単発的な事業としないために、2014年度より毎月最終水曜日をミニチャレンジデーと称し、継続的な運動を推進しています。しかし、現状では、認知度、参加者数が共に低い状態となっています。
チャレンジデーは、日常的な運動のきっかけ作りを目的としていることから、今後はミニチャレンジデーについても尽力し、2つの事業を直結させることで市民の健康増進と生涯スポーツの推進を図ります。

ページの先頭に戻る