本文へスキップします。

開催報告

2012年度開催報告

第1回 6月29日(金)18:30~20:00開催

第1章 日本人のスポーツ参加動向

6月29日(金)18時半より、笹川スポーツ財団(SSF)会議室において第1回のスポーツアカデミーが行われました。

第1回目のテーマは、「スポーツ白書~スポーツが目指すべき未来~」の第1章「日本人のスポーツ参加動向」でした。当日は、全体で20名の出席がありました。

講義は、メイン講師の海老原修先生(横浜国立大学)による「(スポーツの)自由さを保障するためには実態を的確に把握」することが必須、という章全体のテーマについての説明に始まり、SSFスポーツ政策研究所の澁谷茂樹主任研究員による主要データの解説、海老原先生による補足・総括という流れで実施されました。

データの解説では、国民の定期的な運動・スポーツ実施率に関する調査結果が、内閣府による調査とSSFによるもので異なるのはなぜか?過去10年間の国民の運動・スポーツ実施率の上昇を支えてきた年齢層はどこか?運動・スポーツ実施率の国際比較は妥当なのか?など、複数の項目が取り上げられました。

最後に行われた質疑では、参加者から「他国では実施率の調査対象年齢を10代からにしているが、SSFでは10代の調査は行っているのか?」、「調査結果から国や自治体のスポーツ施策に対し、どのような指摘が出来るのか?」など複数の質問が出されました。質問に対しては、SSFによる「10代の運動・スポーツ活動に関する全国調査」や本アカデミー第5回で予定の「子どものスポーツ」の内容紹介、国による成人のスポーツ実施率向上施策に対するSSFの調査結果に基づく過去の指摘の解説などが行われました。予定の時間いっぱいまで質疑が行われ、充実したアカデミーとなりました。

海老原 修 教授

横浜国立大学 教育人間科学部
海老原 修 教授

スポーツ政策研究所 主任研究員 澁谷 茂樹

笹川スポーツ財団
スポーツ政策研究所 主任研究員
澁谷 茂樹

ページの先頭に戻る