本文へスキップします。

開発環境

2013年度開催報告

第3回 10月3日(木)18:30~20:00開催

国際観光とスポーツツーリズム

10月3日、第3回目となるスポーツアカデミーが行われました。今回のテーマは、「国際観光とスポーツツーリズム」と題して、前観光庁長官 井出憲文氏を講師に迎えました。

井出氏は、1976年運輸省入省、国際運輸・観光局の業務に就き、1992年4月外務省在ジュネーブ国際機関日本政府代表部参事官に着任されました。その後、鉄道局・航空局・自動車交通局を経て、2001年国交省発足後は、大臣官房審議官などを歴任し、2012年4月から2013年7月末まで観光庁長官を務められました。

今回の講義では、観光大国としての日本の魅力を熟知している井出氏に、国際観光の現状とこれからの展望、また、その中でのスポーツツーリズムの位置づけについてお話しいただきました。

前観光庁長官
井出 憲文 氏

主なポイント

【観光立国への取り組みについて】

「観光立国実現に向けたアクション・プログラム」の策定(平成25年6月)
2013年に訪日外国人旅行者数1,000万人を達成し、さらに2,000万人の高みを目指すために、4つの施策を重点分野としてまとめたもの。

  • 日本ブランドの作り上げと発信
  • ビザ要件の緩和等による訪日旅行の促進
  • 外国人旅行者の受け入れの改善
  • 国際会議等(MICE)の誘致や投資の促進
    ※企業等の会議(Meeting)、研修旅行(Incentive)、国際会議(Convention)、展示会(Exhibition)等のビジネス系イベントの総称

【スポーツとツーリズムの融合について】

スポーツツーリズムとは、スポーツを「観る」「する」ための旅行に加え、スポーツを「支える」人々との交流や、旅行者が旅先で多様なスポーツを体験できる環境整備を含む取り組み。

  • 目指す方向
    • ① 「より豊かなニッポン観光を創造」
      スポーツを通じて新しい旅行の魅力を創り出し、わが国の多種多様な地域環境資源を顕著化させ、訪日旅行・国内観光の活性化を図る。
    • ② 「スポーツとツーリズムの更なる融合」
      スポーツと観光を意図的に融合させることにより、目的地へ旅する明確な理由を作り出し、新しい価値・感動とともに新たなビジネス・環境を創出する。
  • 期待する効果
    • ① スポーツを通じた体力向上・健康増進に加え、国際交流・地域活性化・産業振興など幅広い効果を創出できる。
    • ② 2020年オリンピック・パラリンピックの東京開催は、インバウンド推進の強力な追い風となる。官民一体のオールジャパン体制で、オリンピック・パラリンピック開催国「日本」という国際的注目度を活かした訪日プロモーションが強化される。
    • ③ 「山岳国ニッポン」の特徴を活かしたスポーツ観光プロモーションなど、日本の価値の再評価にもつなげられる。
  • 今後の取り組み

    日本スポーツツーリズム推進機構の活動を通じて、

    • ① 「スポーツツーリズムに取り組む地域等の全国的なネットワークの構築」
    • ② 「スポーツを活用した旅行商品の普及及び造成の支援」
    • ③ 「スポーツツーリズムの推進に関する調査研究、各種表彰・顕彰、イベント後援」
    • ④ 「海外のスポーツツーリズム組織との交流、海外視察旅行の実施」

    などを推進。

ページの先頭に戻る