本文へスキップします。

11月7日(木)18:00~20:00 スポーツアカデミー2019

第4回「持続可能な運動部活動を考える」

運動部活動を考える

「運動部活動」シリーズを総括する第4回スポーツアカデミーでは、「持続可能な運動部活動」について考えていきます。

前半では、『学校ハラスメント』『ブラック部活動』といった話題の著書の執筆をはじめ、柔道事故や、部活動および働き方改革についての研究・発信を積極的にされている、内田良氏(名古屋大学大学院准教授)による基調講演「制度設計なき部活動の未来を考える――リスクの見える化と持続可能性の追求」を行います。

後半では、学校だけでなく地域全体で児童生徒のスポーツ活動を支えるために尽力してきた柳見沢宏氏(第1回講師)、スポーツが苦手な子どもでも平等に楽しめる部活動を目指し数々の実践を行ってきた中塚義実氏(第2回講師)、生徒主体の部活動のあり方を話し合う「部活動サミット」の実行委員会代表を務めた古杉航太郎氏(静岡聖光学院高校3年生)を招き、トークセッション形式で内田氏とともにお話しいただきます。

登壇者

  • 内田 良 氏
    名古屋大学大学院
    准教授

  • 柳見沢 宏 氏
    長野スポーツ
    コミュニティクラブ
    東北理事長

  • 中塚 義実 氏
    特定非営利活動法人サロン
    2002理事長、
    筑波大学附属高校教諭

  • 古杉 航太郎 氏
    静岡聖光学院高校3年生、
    部活動サミット実行委員会
    リーダー

概要

登壇者 内田 良 氏(名古屋大学大学院 准教授)
柳見沢 宏 氏(長野スポーツコミュニティクラブ東北 理事長)
中塚 義実 氏(特定非営利活動法人サロン2002理事長、筑波大学附属高校教諭)
古杉 航太郎 氏(静岡聖光学院高校3年生、部活動サミット実行委員会リーダー)
テーマ 「持続可能な運動部活動を考える」
日時 11月7日(木)18:00~20:00
会場 日本財団 大会議室
(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル2階)
http://www.ssf.or.jp/outline/tabid/848/Default.aspx
参加人数 100名(申込先着順)
会費 1,000円
当日受付にて現金でお支払いください(事前にクレジットカードでお支払いいただいた場合を除く)


ページの先頭に戻る