本文へスキップします。

スポーツアカデミー2019 第9回
「食」×「スポーツ」でアスメシ(アスリートメシ)を開発!-若い世代(高校生)が担い手となる食育の実践事例-

運動部活動を考える

「Sport for Everyone」社会のありかたを考える、シリーズ制の学びの場「スポーツアカデミー」。第9回は2019年度最終回になりますが、ここから新シリーズ「食×スポーツ」が始まります。

シリーズ初回は、花咲徳栄高校 食育実践科の會田友紀先生をお招きします。
同校では甲子園優勝経験のある硬式野球部、世界大会に出場するレスリング部、ボクシング部をはじめ、多くの運動部が活発に活動しています。

しかし、高校生が意識して栄養のある食事をとるのはなかなか難しいこと。 そのような中で、食育実践科では高校生アスリート向けの「アスメシ」を開発・提供し、普通科の生徒に向けた食育も積極的に行っています。

当日は會田先生と食育実践科の3年生に、これまでの様々なチャレンジや、 日ごろの調理・活動の工夫についてお話しいただきます。

栄養だけでなくおいしさ・食べる楽しさも考え抜かれた「アスメシ」誕生秘話、ぜひお聞きください。

 

低脂肪、高タンパク質で、競技力の向上に有効と考え
られているアスリートメシ(通称:アスメシ)の一例

運動部の生徒たちが楽しみにしているアスメシ。
調理は、食育実践科の生徒が担当する。

 

定員に達したため、受付を締め切りました。

講師 會田 友紀 氏(花咲徳栄高等学校 食育実践科 科長補佐)
テーマ 「食」×「スポーツ」でアスメシ(アスリートメシ)を開発! 
-若い世代(高校生)が担い手となる食育の実践事例-
日時 2月21日(金)18:30~19:30
会場 笹川スポーツ財団 会議室
(東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル3階)
http://www.ssf.or.jp/outline/tabid/848/Default.aspx

18:30以降耐震工事のため、正面玄関が閉鎖されます。その際はこちらのPDFをご覧ください。
参加人数 25名(申込先着順)
会費 1,000円
当日受付にて現金でお支払いください。
(事前にクレジットカードでお支払いいただいた場合を除く)


ページの先頭に戻る