本文へスキップします。

笹川科学研究助成・笹川スポーツ研究助成「研究奨励の会」 共同開催のお知らせ


「笹川スポーツ研究助成」は、2011年度に創設した助成制度です。スポーツに関する人文・社会科学領域の研究活動を支援し、わが国のスポーツ政策に関する議論を活性化させることを目的としています。募集のテーマは、① スポーツ政策に関する研究、② スポーツとまちづくりに関する研究、③ 子ども・青少年スポーツの振興に関する研究の3つとなります。助成額は上限100万円の「一般研究」と、39歳以下の若手研究者を対象とした上限50万円の「奨励研究」の2つの枠で募集を行っています。

本年度は、全国から175件の申請があり、学識経験者などで構成する選考委員会による厳選なる選考を経て、4月21日の『研究奨励の会』にて「笹川スポーツ研究助成」の2017年度採択研究を発表いたします。なお、『研究奨励の会』は、SSF「笹川スポーツ研究助成」と日本科学協会「笹川科学研究助成」の共同で開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

日時
2017年4月21日(金)10:00~15:00
場所
ANAインターコンチネンタルホテル東京 地下1階
プログラム
研究発表会(2016年度採択研究)
10:00~11:25
研究奨励の会(決定通知書授与式)
11:35~12:20
研究者交流会
12:30~15:00
研究発表会
登壇者
(予定)
名城大学 准教授 中村 一樹 氏
 スタジアムへの知覚アクセスが来訪・周遊行動に及ぼす影響 -周辺施設への交通アクセスと情報アクセスを考慮して-
富山大学 准教授 西館 有沙 氏
 ランニングやジョギングを楽しむランナーと交通弱者の共存および住み分けの提案
帝京科学大学 助教 岩沼 聡一朗 氏
 成人知的障害者におけるロコモティブシンドロームの危険因子と運動実施状況の関連性
上智大学 講師 竹村 りょうこ 氏 
 一流女性テニス競技者の熟達化に関する研究 -deliberate practice・deliberate playの観点から-

ページの先頭に戻る