本文へスキップします。

2015年度 研究助成

笹川スポーツ研究助成「研究奨励の会」

本年度も昨年度に引き続き、分野が異なる多くの研究者との交流を通じ、互いの研究発展に寄与することを目的に4月13日、「研究奨励の会」を公益財団法人日本科学協会と共同で開催しました。

「研究成果発表会」では、2014年度採択研究者の代表者4名に貴重な研究成果を発表していただき、聴講者から多くの質問や意見が出されました。

「決定通知書授与式」では、2015年度採択研究者の代表者3名に、理事長の小野清子から決定通知書が授与されました。

「研究者交流会」では、新たな取り組みとして「研究成果発表会」の代表者4名に、パネル発表をしていただきました。研究者間でより一層活発な情報交換が行われ、有意義な交流会となりました。

  • テーマ1:内田 若希 氏

  • テーマ2:谷畠 範恭 氏

  • テーマ3:篠原 俊明 氏

日時
2015年4月13日(月)9:30~15:00
場所
ANAインターコンチネンタルホテル東京 地下1階
参加者
370名(採択研究者、その他学識者、スポーツ推進団体、マスメディア関係者など)

2015年度笹川スポーツ研究助成の総評
選考副委員長 佐野 慎輔(産経新聞社 特別記者)

佐野 慎輔佐野 慎輔

2015年度笹川スポーツ研究助成は、昨年度から11名増となる158名の申請を受け付け、うち一般研究が85件、39歳以下を対象とする奨励研究が73件でした。本研究助成は今年で5年目を迎え、スポーツに関する人文・社会科学領域の研究を支援する制度として、認知度が高まってきたように思います。これもひとえに、関係各所の皆様の周知・啓発の賜物と心より感謝しております。

審査は、3テーマごとに3名の選考部会委員が担当し、「① 研究課題の的確性」「② 研究計画の明瞭性」「③ 研究方法の妥当性」「④ 研究内容の独創性」「⑤ 研究成果の波及効果」の5つの観点で厳正に行われました。さらに選考部会が審査した結果を選考委員会に諮り、「一般研究」20件、「奨励研究」21件、計41件の採択が決定しました。

さて、今年度申請された研究をみると、オリンピック・パラリンピックや障害者スポーツ、スポーツツーリズム、ICT(情報通信技術)がキーワードとしてあげられ、中には複数の学問分野にまたがる学際的研究も散見されました。研究者の皆様が社会の動向に対して非常に大きな関心を寄せていることが感じ取れます。

今、2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催に向け、スポーツ界には大きな風が吹いています。この秋には、スポーツ庁が設置される予定もあります。研究者というものは、これまでの歴史を踏まえ、社会とともに歩むことが重要です。皆様の研究成果は、多くの方の目に触れることによって初めて社会のための役に立ち、大きな発展を生む契機になり得ると思います。是非、この笹川スポーツ研究助成で取り組んだ研究の成果を積極的に発表してください。そして、研究成果に基づく政策提言を通じてスポーツ振興に寄与していただきたいと思います。採択されたことがゴールではなく、ここからがスタートです。皆さんの研究に大いに期待しています。

2014年度笹川スポーツ研究助成「研究成果発表会」

清水 聖志人 氏

テーマ:スポーツ政策に関する研究

大学トップアスリートにおける
キャリア形成プログラム開発へ向けた縦断的研究

日本レスリング協会 プロジェクトマネジャ
清水 聖志人 氏

研究成果発表資料

長野 真弓 氏

テーマ:子ども・青少年スポーツの振興に関する研究

中学生の体力・スポーツ活動と精神的回復力との関連性の検討
-中学生版精神的回復力尺度の開発とその応用-

京都文教大学 准教授
長野 真弓 氏

研究成果発表資料

田中 暢子 氏

テーマ:スポーツ政策に関する研究

パラリンピック・選手会の意義・役割に関する国際比較研究
-アスリート・ファーストが強調される現代における選手会の機能と政治力-

桐蔭横浜大学 准教授
田中 暢子 氏

研究成果発表資料

和田 浩一 氏

テーマ:スポーツ政策に関する研究

2020年東京オリンピック・パラリンピック大会を見据えた
スポーツ政策の理念的モデルの検討
-IOC会長辞任直後のピエール・ド・クーベルタンによる教育改革の分析を通して-

フェリス女学院大学 教授
和田 浩一 氏

研究成果発表資料

ページの先頭に戻る