本文へスキップします。

オリンピックの歴史 - 年表・開催国・出来事など-

オリンピック・パラリンピック 資料一覧



オリンピック夏季競技大会

開催年 開催都市 出来事など
1 1896 アテネ ギリシャ 参加 14 カ国。選手 241 名、男子のみ。
2 1900 パリ フランス 万博の付属競技会として開催。女子も参加。
3 1904 セントルイス 米国 万博の付属競技会として開催。地元米国が圧倒的な強さで全メダルの8割以上を獲得
4 1908 ロンドン 英国 選手は個人参加から国内オリンピック委員会(NOC)選出になる。
5 1912 ストックホルム スウェーデン 日本初参加。団長は嘉納治五郎。選手は三島弥彦と金栗四三の2名(陸上)。
6 1916 ベルリン ドイツ 第一次大戦のため中止。
7 1920 アントワープ ベルギー テニスで熊谷一弥(シングルス)、熊谷・柏尾誠一郎(ダブルス)が日本初のメダルを獲得(銀)。
8 1924 パリ フランス 内藤克俊(レスリング)が銅メダル。
9 1928 アムステルダム オランダ 聖火台設置。メダルのデザイン統一。織田幹雄(陸上)、鶴田義行(競泳)が日本初の金メダル。人見絹枝が日本人女性初のオリンピック出場、銀メダル。
10 1932 ロサンゼルス 米国 南部忠平(陸上)、宮崎康二、北村久寿雄、清川正二、鶴田義行(競泳)、西竹一(馬術らが活躍、日本選手団金メダル 7 個。
11 1936 ベルリン ドイツ 初の聖火リレー。ジェシー・オーエンス(米国)が陸上 5 種目で世界新記録を樹立し金メダル。「前畑がんばれ」の実況。田島直人(陸上)、前畑秀子(競泳)、当時日本代表の孫基禎(マラソン)らが活躍。大江と西田、棒高跳びで「友情のメダル」製作
12 1940 東京 日本 東京返上~ヘルシンキ~第二次世界大戦のため中止。
13 1944 ロンドン 英国 第二次世界大戦のため中止。
14 1948 ロンドン 英国 聖火リレー実施。日本とドイツは招待されず。
15 1952 ヘルシンキ フィンランド ソ連初参加。エミール・ザトペック(チェコスロバキア)が陸上 3 種目で金メダル。
16 1956 メルボルン オーストラリア 南半球初開催。馬術のみストックホルムで開催。笹原正三、池田三男(レスリング)、古川勝(競泳)ら活躍。
17 1960 ローマ イタリア 自転車競技でドーピングによる死者。相原信行、小野喬(体操)らが活躍し体操男子団体で日本初優勝。
18 1964 東京 日本 アジア初のオリンピック。史上初のテレビの衛星中継が行われる。正式競技になったバレーボールで日本女子チームが金メダル。同じく柔道の 4 階級のうち 3 階級で金メ
ダル。体操チーム、桜井孝雄(ボクシング)、三宅義信(重量挙げ)らも活躍。
19 1968 メキシコシティー メキシコ 高地での開催となり、陸上短距離・跳躍で好記録続出。ブラックパワーサリュート。
三宅義信(重量挙げ)、加藤澤男、中山彰規(体操)ら活躍。日本サッカー銅メダル。
20 1972 ミュンヘン 西ドイツ パレスチナゲリラによるイスラエル選手団襲撃事件により 17 人が犠牲。日本は田口信教、青木まゆみ(競泳)、加藤澤男、塚原光男、堅物永三(体操)らが活躍。男子
バレーボール金メダル。
21 1976 モントリオール カナダ ナディア・コマネチ(体操/ルーマニア)活躍。日本は体操男子団体で史上初の 5 連覇達成。
22 1980 モスクワ ソビエト連邦 ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議して、米国をはじめとする西側諸国がボイコット。
日本も不参加。
23 1984 ロサンゼルス 米国 ソ連をはじめとする東欧圏諸国の報復ボイコット。オリンピックに民間資金導入。山下泰裕(柔道)、具志堅幸司(体操)ら活躍。
24 1988 ソウル 韓国 12 年ぶりに東西両陣営が参加。陸上男子 100m のベン・ジョンソン(カナダ)がドーピング、金メダル剥奪。鈴木大地(競泳)、斉藤仁(柔道)、小林孝至、佐藤満(レスリング)ら活躍。
25 1992 バルセロナ スペイン 吉田秀彦、古賀稔彦(柔道)、岩崎恭子(競泳)、有森裕子(マラソン)ら活躍。
企画制作 公益財団法人 笹川スポーツ財団
後援 スポーツ庁東京都公益財団法人 日本オリンピック委員会公益財団法人 日本スポーツ協会特定非営利活動法人 日本オリンピアンズ協会公益財団法人 日本プロスポーツ協会特定非営利活動法人 日本オリンピック・アカデミー公益財団法人 日本障がい者スポーツ協会 日本パラリンピック委員会一般社団法人 日本パラリンピアンズ協会
メディア協力 (株)共同通信社
構成・写真 フォート・キシモト
特別協力 (株)アシックス
toto

ページの先頭に戻る