本文へスキップします。

News & Topics

チャレンジデー2016結果報告会の開催報告(青森県新郷村)

2016年11月01日

チャレンジデーニュース


 青森県新郷村のチャレンジデー2016結果報告会が10月25日(火)に都市農村交流センター美郷館で開催され、村長の須藤良美氏のほか、村議会議員、三ツ岳スポーツクラブの関係者、小中学校の学校長、自治会関係者など、約70人の実行委員注)が出席した。会では今年の結果報告に加え、チャレンジデーアワードの授与、過去5年間の実施状況(歩み)をまとめた記録映像が上映された。

  新郷村は青森県の南東部に位置し、人口は2,668人(2016年2月現在)。今年で5回目となるチャレンジデーの参加率は131.0%(3,494人)であり、全実施自治体のなかで最も高かった。笹川スポーツ財団専務理事の渡邉一利から「大賞」および「カテゴリー優秀賞」の記念楯が須藤村長に贈られ、同氏は「皆さまのおかげで今年も日本一になることができました。改めてお礼申し上げます。来年も一緒に日本一を目指しましょう。」とコメントし、出席した実行委員とともに、日本一の称号を獲得した喜びを分かち合った。

 また、第1回目から今年までのチャレンジデーの歩みをまとめた記録映像を受け、約70人の出席者一人ひとりが、その軌跡に思いを馳せていた。
 出席した実行委員の一人は今回の結果報告会に対し、「例年よりも出席者が多い。自治会の方々にも参加してもらえて良かった。」と述べ、チャレンジデーに対する村民の意識の高まりを実感していた。

注)新郷村のチャレンジデー実行委員会は約120人で構成されている。



左:須藤良美氏(新郷村長)
右:渡邉一利氏(笹川スポーツ財団専務理事)
 left
上映の様子
 

ページの先頭に戻る