本文へスキップします。

News & Topics

チャレンジデー2019
神奈川県知事と県内のチャレンジデー実施10市町が集合し、決起集会が行われました

2019年05月09日

新着情報

  2019年5月8日、チャレンジデー2019神奈川県の決起集会が行われました。

  6年連続となる決起集会が、神奈川県庁で開催されました。2019年は秦野市、伊勢原市、座間市、寒川町、大磯町、大井町、松田町、山北町、真鶴町、湯河原町の3市7町 計10自治体がチャレンジデーを実施します。全国でも秋田県、北海道に次いで3番目に多い自治体が開催することを受け、今年度も神奈川県が多方面においてバックアップしています。

  決起集会では黒岩祐治知事が、「県では未病の改善と健康長寿を目指しているが、食・運動・社会参加が大事である。チャレンジデーは、運動習慣をつけるという意味で果たす役割が大きく、またコミュニティの充実にもつながると実感している。チャレンジデーを通じ健康長寿につなげていきましょう」とエールを送りました。

  チャレンジデーを主催する笹川スポーツ財団の渡邉一利理事長は「勝敗も大事だが、健康長寿社会と共生社会をつくるためにも、一人ひとりが生活の中に運動を取り入れ、日本一の長寿県となっていただきたい」と力強く挨拶しました。

   10市町長もチャレンジデーにかける意気込みを発表。
応援団の各市町のゆるキャラも参加し会場を盛り上げ、最後は黒岩知事の「ビクトリー!」の掛け声のもとガッツポーズで締めくくりました。

チャレンジデー神奈川決起集会

黒岩祐治知事による挨拶

チャレンジデー神奈川決起集会

10市町長もゆるキャラと一緒にチャレンジデーへの意気込みを発表




ページの先頭に戻る