本文へスキップします。

書評・書籍紹介 スポーツ文化

  • アスリートを育てる<場>の社会学:民間クラブがスポーツを変えた

    「チョー気持ちいい」というインタビュー時の北島康介の言葉は(2004年アテネオリンピック・パラリンピック)はその年の流行語大賞にも選ばれた。「めっちゃ悔しい」「金がいいですぅ」という田島寧子の言葉も(2000年シドニー大会)も衝撃的だった。オリンピック代表に選ばれた選手たちはいつの頃から、このようなあけっぴろげとも言える率直な自己表現ができるようになったのか。

    • 著者
      松尾 哲矢
      編集発行
      青弓社
    • 定価
      2,000円+消費税

    掲載 : 2015年 7月 1日

  • サッカーボールひとつで社会を変える -スポーツを通じた社会開発の現場から-

    「一個のボールの行方に熱狂する」楽しみを我われは今回のサッカー・ワールドカップ(W杯)、ブラジル大会でも存分に楽しんだ。ピッチの動きは槍を片手に、狙った獲物を追いかける狩猟民族であった祖先の昔を彷彿とさせたし、罠を仕掛けてはそれを欺き、相手のファールを誘いこみ、オフサイドに持ち込む。

    • 著者
      岡田 千あき
      編集発行
      大阪大学出版会
    • 定価
      2,000円+消費税

    掲載 : 2014年 7月31日

  • オリンピック・レガシー

    “洗練された知性”。知性に形容詞を冠することが許されるのかどうか。「強靭な知」という表現もあるから、ま、許されるとしたら美しいとか均整のとれた著作であると言いたい。少なくともこの本は、スポーツ政策研究者として練達の人が著した一冊である。評者は“学者の良心”と形容したいウズウズする気持ちをおさえながら読み進んだ。

    • 著者
      間野 義之
      編集発行
      ポプラ社
    • 定価
      1,700円+消費税

    掲載 : 2014年 3月7日

  • 日本のスポーツ界は暴力を克服できるか

    読後評を求められたが、この本は一ヶ月以上読まれることなく机上にあった。締め切りが過ぎても読む気が起きないのだ。反省、謝罪、告訴、処罰は、マスコミの日常茶飯事だ。カメラの前で平身低頭する社長や会長の薄い頭髪だけが印象に残る。彼らは一分間近く深々と頭を下げて悲痛な声で弁明する。その後立ち上がる第三者委員会、というのも曲者だと思っている。

    • 著者
      森川 貞夫
      編集発行
      かもがわ出版
    • 定価
      2,000円+消費税

    掲載 : 2014年 1月31日

  • 人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか

    アメリカには、オバマという黒人の大統領が生まれた。すでに二期目の中間選挙を向かえようとしている。このことがこの本に書かれている訳ではない。が、白い肌と黒い肌が、同じ水に入ることに強い嫌悪感が長く続いたということがここには書かれている。現在オリンピックのメダル大国であるアメリカも、水泳競技ではあまりふるわない。圧倒的な強さをみせる陸上競技と比べてみれば、この異常さに気がつく。

    • 著者
      川島 浩平
      編集発行
      中央公論新社
    • 定価
      840円+消費税

    掲載 : 2013年10月10日

  • スポーツは誰のためのものか

    パワハラ、暴力問題、助成金不正など全日本柔道連盟の不祥事が次々に明らかになっている。不祥事というくらいだからこれらは事件だが、スポーツをとりまく課題(問題意識)や視点がこんなにもあるのかと驚かされた。

    • 著者
      杉山 茂
      編集発行
      慶應義塾大学出版会
    • 定価
      1,800円+消費税

    掲載 : 2013年 7月30日

  • IOC: オリンピックを動かす巨大組織

    特ダネになるかも知れないニュースを見つけた時の新聞記者やカメラマンの気持ちがこんなものだろうか。この本を手に取り、読み進むうちに、早くブックレビュー原稿を書きたくて仕方なかった。

    • 著者
      猪谷 千春
      編集発行
      新潮社
    • 定価
      1,400円+消費税

    掲載 : 2013年 6月28日

  • スポーツの世界地図

    それぞれの国には、それぞれの事情がある。それぞれのスポーツにも、それぞれの背景と事情がある。世界地図を広げてあるいは地球儀を回しながら、「世界のスポーツ最新事情」を知るための一冊。この本は、そういう本だ。

    • 著者
      阿部 生雄/寺島 善一/
      森川 貞夫
      編集発行
      丸善出版
    • 定価
      2,900円+消費税

    掲載 : 2012年 7月24日

  • よくわかるスポーツ文化論

    このテキストを手にとるのは、まずスポーツ大好きの学生や教師なのだろう。あるいはスポーツライターやテレビの解説者たちだろうか。

    • 著者
      井上 俊/菊 幸一
      編集発行
      ミネルヴァ書房
    • 定価
      2,500円+消費税

    掲載 : 2012年 3月19日

ページの先頭に戻る