本文へスキップします。

研究員紹介

副主任研究員

武長 理栄

武長 理栄   Rie Takenaga

笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所副主任研究員

2003年山梨大学大学院教育学研究科修了。2005年より(株)ルネサンス、スポーツ・エンジェルLLCで幼児の基本的動作に着目した運動遊びプログラムの開発や実践を行う。2017年4月より現職。

研究実績
2015年度 単位スポーツ少年団における障がいのある子どもの参加実態調査報告書(共同研究)
2015年度 青少年のスポーツライフ・データ 2015
2015年度 子どものスポーツライフ・データ 2015
2015年度 スポーツ少年団現況調査報告書
日本スポーツ少年団登録データの分析(2002年度~2014年度)
2014年度 文部科学省平成26年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査報告書
「テーマ5:体育的な活動の全体を通して生涯にわたる豊かなスポーツライフの基礎を育む」
2014年度 スポーツライフ・データ2014
2014年度 育成母集団の活動実態調査報告書
2014年度 単位スポーツ少年団における
障がいのある子どもの参加実態調査報告書
2014年度 文部科学省委託調査
『スポーツにおけるボランティア活動活性化のための調査研究
(スポーツにおけるボランティア活動を担う組織・団体活性化のための実践研究)』
2014年度 文部科学省委託調査
『スポーツにおけるボランティア活動活性化のための調査研究
(スポーツにおけるボランティア活動を実施する個人に関する調査研究)』
2013年度 子どものスポーツライフ・データ 2013
2013年度 全国市区町村スポーツ少年団実態調査報告書
2013年度 スポーツ白書2014
2012年度 子どものスポーツライフ・データ 2012
2012年度 平成24年度 文部科学省委託調査
『健常者と障害者のスポーツ・レクリエーション活動連携推進事業
(地域における障害者のスポーツ・レクリエーション活動 に関する調査研究)』報告書
2011年度 子どもの運動・スポーツ指導者の意識等に関する調査
2011年度 種目別にみるスポーツ実施状況に関する研究
2011年度 『子どもの運動・スポーツ指導者の意識等に関する調査』
2011年度 文部科学省委託調査『スポーツ政策調査研究』報告書
2010年度 子どものスポーツライフ・データ 2010
2010年度 日本レクリエーション協会委託調査
「加盟種目団体組織強化のための基礎調査」


外部活動実績
2013年4月~ 日本体育協会
平成25・26年度 日本スポーツ少年団専門部会 「活動開発部会」部会員
2014年6月~2015年3月 文部科学省
平成26年度 全国体力・運動能力、運動習慣等調査 事例検討委員会 委員
2012年4月~2015年3月 島根県・雲南市
雲南市幼児期運動指針実践調査研究委員会 委員
講演活動
2018年6月 第1回ジュニアスポーツフォーラム 東京都千代田区
2017年10月 立教大学コミュニティ福祉学部「ウエルネスプロモーション論」ゲストスピーカー
埼玉県新座市
2015年10月 立教大学コミュニティ福祉学部「ウエルネスプロモーション論」ゲストスピーカー
埼玉県新座市
2015年9月 第8回スポーツ議連PT情報提供「子どものスポーツ」
2015年2月 第2回雲南市幼児期運動指針実践調査研究委員会講師
島根県雲南市
2014年6月 日本スポーツとジェンダー学会第13回大会,分科会 1−Aパネリスト
愛知県名古屋市
2014年11月 千代田区立ふじみこども園 園内研究会講師
「0歳児から5歳児までの6カ年を見通した乳幼児の運動遊びについて」
4歳児研究保育
東京都千代田区
2014年1月 千代田区立ふじみこども園 園内研究会講師
「0歳児から5歳児までの6カ年を見通した乳幼児の運動遊びについて」
2歳児研究保育
東京都千代田区
2013年3月 日本発育発達学会第11回大会 
静岡県磐田市
2012年10月 第71回日本公衆衛生学会総会
健康運動指導分科会シンポジウム
「生涯を通じた歩行機能の維持を目指して:運動指導者の役割」
山口県山口市

ページの先頭に戻る