本文へスキップします。

研究調査スタッフ紹介

笹川スポーツ財団の研究調査スタッフをご紹介します。

研究調査グループ/スポーツ政策研究所

熊谷 哲

熊谷 哲   Satoru Kumagai   

研究調査グループ グループ長/研究主幹

1996年慶應義塾大学総合政策学部卒業。岩手県大船渡市生まれ。

1999年に京都府議会議員(3期)。文教常任委員長、環境・防災対策特別委員長等を歴任。マニフェスト大賞グランプリ、最優秀地域環境政策賞、等を受賞。また、政府の行政事業レビュー「公開プロセス」のコーディネーター(内閣府、法務省、外務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、環境省、消費者庁)を務める。

2010年に内閣府に転じ、行政刷新会議事務局次長(行政改革担当審議官)、規制・制度改革事務局長、職員の声室長等を歴任。また、東日本大震災の直後には、被災地の出身ということもあり現地対策本部に2か月間赴任する。

退職後、(株)PHP研究所を経て、2018年4月より現職。

この間、静岡県行財政改革アドバイザー、恵那市行財政改革審議会会長等を歴任したほか、国の地域貢献型再生可能エネルギー事業、自治体の行財政改革・計画策定・職員研修等のアドバイザー及び受託実績は多数にわたる。

著書に、「よい議員、悪い議員の見分け方」(共著、2015)。

専門は公共政策:政策過程論、公共経営論。

澁谷 茂樹

澁谷 茂樹   Shigeki Shibuya  

研究調査グループ シニア政策アナリスト

1997年東京大学大学院総合文化研究科生命環境科学系 修士課程修了、1998年同博士課程中退。

1998年より、笹川スポーツ財団で「スポーツ白書」「スポーツライフ・データ」「諸外国のスポーツ振興政策についての調査研究」など、各種調査や 刊行物の編集に携わる。2017年4月より現職。

【コラム】

吉田 智彦

吉田 智彦   Tomohiko Yoshida  

研究調査グループ スポーツライフ調査チーム チームリーダー/政策ディレクター

2001年立教大学社会学部観光学科卒。

2001年より、笹川スポーツ財団でスポーツエイド事業(助成金)を担当の後、「スポーツ白書」「諸外国のスポーツ振興政策についての調査研究」「TAFISA Active World」などの編集に携わる。2017年4月より現職。

【コラム】

藤原 直幸

藤原 直幸   Naoyuki Fujiwara  

研究調査グループ 地域連携チーム チームリーダー/政策ディレクター

2004年早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。2008年早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。同年より笹川スポーツ財団で「スポーツライフ・データ」(成人・青少年・子ども)「スポーツ白書」などの編集に携わる。2017年4月より現職。

【コラム】

小淵 和也

小淵 和也   Kazunari Obuchi  

研究調査グループ 事業開発チーム チームリーダー/政策ディレクター

2002年中央大学法学部卒業。単身渡米し、IT企業勤務。帰国後、システムエンジニアを経て、レノボジャパン(株)、楽天(株)でマーケティング分析業務に携わる。日本障がい者スポーツ協会公認中級障がい者スポーツ指導員。知的障害者の移動支援従業者(ガイドヘルパー)として、障害者の余暇支援にも携わる。2017年10月より現職。

武長 理栄

武長 理栄   Rie Takenaga  

研究調査グループ スポーツライフ調査チーム/シニア政策オフィサー

2003年山梨大学大学院教育学研究科修了。2005年より(株)ルネサンス、スポーツ・エンジェルLLCで幼児の基本的動作に着目した運動遊びプログラムの開発や実践を行う。2017年4月より現職。

【コラム】

宮本 幸子

宮本 幸子   Sachiko Miyamoto  

研究調査グループ 事業開発チーム/シニア政策オフィサー

専門は子どものスポーツ。
教育関連研究所にて子ども・保護者・教員を対象とした調査研究に携わる。
2016年4月より現職。

藤岡 成美

藤岡 成美    Narumi Fujioka  

研究調査グループ スポーツライフ調査チーム/政策オフィサー

専門はスポーツ科学(修士)

卒業後、IT関連企業にてデータ集計業務を担当。

2015年10月より現職。

【コラム】

森田 容子

森田 容子    Yoko Morita  

研究調査グループ 地域連携チーム/政策オフィサー

2014年ゲッティンゲン大学大学院政治学研究科修了(ドイツ)。
2016年より笹川スポーツ財団総務グループにて総務を担当後、2018年より現職。
スポーツ振興機関との連携事業(チャレンジデー)兼務。

鈴木 貴大

鈴木 貴大   Takahiro Suzuki  

研究調査グループ スポーツライフ調査チーム/政策オフィサー

2014年立教大学大学院コミュニティ福祉学研究科修士課程修了(スポーツウエルネス学修士)
専門はスポーツ社会学
前職では、鞄メーカーで営業を担当
2018年4月より現職

【コラム】

清水 恵美

清水 恵美    Megumi Shimizu  

研究調査グループ 地域連携チーム/政策オフィサー

2012年中央大学文学部人文社会学科社会学専攻卒業。
同年よりPR会社にて生活雑貨や食系の広報PRの仕事に携わる。
大学在学中には、プロ野球球団にてインターンシップを経験。2018年5月より現職。

スポーツ政策研究所

武藤 泰明

武藤 泰明   Yasuaki Mutou

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 学位:博士(スポーツ科学)
笹川スポーツ財団 理事/スポーツ政策研究所所長

東京大学大学院修士課程修了。株式会社三菱総合研究所入社、2006年同社退職(主席研究員)、同年4月早稲田大学教授嘱任、現在に至る。
専門分野はマネジメント・企業経済学、日本FP協会理事、全国民営職業紹介事業協会理事、日本スポーツ産業学会理事等を務める。著書に「スポーツの資金と財務」「プロスポーツクラブのマネジメント(第2版)」「スポーツファイナンス」等がある。

上席特別研究員

佐野 慎輔

佐野 慎輔   Shinsuke Sano

産経新聞客員論説委員
笹川スポーツ財団 理事/上席特別研究員

早稲田大学卒。報知新聞社を経て産經新聞社入社。シドニー支局長、外信部次長、運動部長、サンケイスポーツ代表、産経新聞社取締役等を歴任し、現職。
スポーツ記者を30年間以上経験し、野球とオリンピックを各15年間担当。5回のオリンピック取材の経験を持ち、日本オリンピックアカデミー理事、野球殿堂競技者表彰委員を務める。共著に「入門 スポーツガバナンス 基本的な知識と考え方」「スポーツリテラシー」等がある。

ページの先頭に戻る