本文へスキップします。

データでみる障害者スポーツ

障害者のスポーツ参加の現状を把握

障害の有無に関係なく、誰もがスポーツを楽しむために求められる地域のあり方とは…。
さまざまな立場や側面から調査したデータで"障害者スポーツ"を読み解きます。

障害者スポーツに関する調査報告書

2016年度

平成28年度 スポーツ庁『地域における障害者スポーツ普及促進事業(障害者のスポーツ参加における障壁等の調査分析)』報告書

  • 多くの自治体で「障害福祉・社会福祉関連部署」が障害者スポーツを所管
  • 都道府県は協議会、市区町村はレクリエーションを中心とした事業を展開
  • 都道府県は障害者スポーツ団体、市区町村は社会福祉協議会との連携が盛ん

2016年度

平成28年度『都道府県・政令指定都市
障がい者スポーツ協会実態調査』報告書

  • 法人格を持つ協会は4割 職員数2~7人規模が大半
  • 主な実施事業は「全スポ」関連事業など 支援・育成事業は実施少ない
  • 他組織との連携 今後の「強い連携」期待が8割
  • 他組織との協働体制は事業内容によってさまざま

2015年度

障害者専用・優先スポーツ施設に関する研究2015 (抜粋版)

  • 障害者の運動・スポーツ活動のために、専用で利用、あるいは優先的に利用できる 「障害者専用・優先スポーツ施設」は、全国に139施設あることがわかった。
  • 2012年調査時に把握した114施設(現在1施設は廃止)に加え、障害者の運動・スポーツ活動が主たる目的でない福祉施設においても利用実績があることがわかり、新たに26の施設が確認できた。

その他組織による研究報告書※外部のウェブサイトへ移動します

ページの先頭に戻る