本文へスキップします。

国際情報

Sport Policy in the World 諸外国のスポーツ政策

世界の国々では、政治方針や歴史的背景、経済などにより、その国ならではのスポーツ政策が実施されています。そこで、笹川スポーツ財団では、各国のスポーツ政策の成り立ちとその後の道のり、そして現在の動向を調査することが、わが国にとってより良いスポーツ政策の策定に結び付くと考え、在外研究者等の協力のもと、諸外国のスポーツ政策の比較、研究に積極的に取り組んでいます。

  • イギリス United Kingdom
  • ドイツ Germany
  • フランス France
  • アメリカ United States
  • カナダ Canada
  • ブラジル Brazil
  • 韓国 Korea
  • オーストラリア Australia

過去の調査研究

文部科学省委託調査『スポーツ政策調査研究』報告書 2011年7月

海外のスポーツ施策・行政体制・予算などを比較

わが国のスポーツ政策企画立案の基盤を強化するために、調査研究を実施。諸外国12カ国や各地域、現場などにおけるスポーツ振興施策の近況を適切に捉え、効果的・効率的かつ戦略的なスポーツ政策の企画立案に資することを目的とした調査研究です。

諸外国から学ぶスポーツ基本法 2010年10月

国の方針や歴史によって変わるスポーツ政策を明らかにする

特集「いまこそ、基本法論議を……」(2009年11月)で、わが国のスポーツ政策の歩みと今後の方向性を説きました。これを受けて、各国のスポーツ政策事情を参考にしながら、日本が目指すべき理想的な基本法への問題を提起しました。

ページの先頭に戻る