本文へスキップします。

オリンピック・パラリンピックレガシーを考える

2020年東京オリンピック・パラリンピック(2020年東京大会)に向かって、現在、さまざまな準備が急ピッチで進められています。それと同時に、2020年以降にポジティブなレガシーを残すことを見据え、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会をはじめ、官民の多様な組織による議論も活発化してまいりました。

国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピック憲章の中で、大会のポジティブなレガシーを築くことが自分たちのミッションのひとつであると明記し、具体的な分野としてスポーツ、社会、環境、都市、経済の5つをあげています。

スポーツ・フォー・エブリワン社会の実現をミッションとする笹川スポーツ財団(SSF)としても、2020年東京大会の開催が、わが国全体の豊かなスポーツ環境の創出とその長期的な発展に結び付けられるよう「オリンピック・パラリンピックレガシーを考える」をテーマに研究調査、周知啓発活動に取り組んでまいります。


オリンピック・パラリンピックのレガシー リレーコラム更新情報

◆Social Legacies (社会)


 少年の夢が実った一校一国運動 佐野慎輔


◆Environmental Legacies (環境)


 120mの攻防 ~環境団体恐れた長野オリンピック組織委員会  川越 一


◆Urban Legacies (都市)


1964東京オリンピックで公式計時を担当したSEIKOが、大会前に行った各種計時機器の展示会
◆Economic Legacies (経済)


 オリンピックの経済レガシーと地方創生  三﨑 冨査雄

 オリンピックと経済効果  上治 丈太郎

 放送権料とスポーツ  藤原 庸介 NEW






ページの先頭に戻る