本文へスキップします。

政策提言

2.定期的運動・スポーツ実施者の推移

定期的な運動・スポーツ実施者として、何らかの運動・スポーツを週1回以上実施している成人の割合をみると、2010年は59.0%で、1996年の40.6%から14年間でおよそ1.5倍に増えている(図表2-2)。定期的運動・スポーツ実施者の増加の実態を把握するため、種目別の週1回以上の実施率の推移を調べたところ、「散歩」と「ウォーキング」を2種目に分けた2002年以降、実施率の伸びが大きかったのは「ウォーキング」(6.2ポイント)、「散歩(ぶらぶら歩き)」(3.5ポイント)、「筋力トレーニング」(3.2ポイント)など、いずれも個人でできる運動・エクササイズ系の種目であった。週1回以上のウォーキング実施者の割合と推計実施人口は、2002年の11.6%、1,168万人から、2010年には17.8%、1,848万人へと増加している。ウォーキングを中心とした運動・エクササイズ系種目の人気の背景には、近年の健康志向の高まりがあるとみられる。

図表2-2 週1回以上の運動・スポーツ実施率とウォーキング実施率の推移

注)2000年調査までは、種目区分が「ウォーキング・散歩」だったため、ウォーキング単独のデータなし
SSF「スポーツ活動に関する全国調査」(1996~2010)より作成

ページの先頭に戻る