本文へスキップします。

研究レポート

小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に
関する調査研究(速報値)

笹川スポーツ財団は、小学生のスポーツ活動をささえる立場にある保護者の意識調査を実施しました。
小学1~6年生の第1子を持つ母親を対象にインターネットで調査し、保護者が子どものスポーツ環境をささえる行動の実態、子どものスポーツ環境やそれをささえる体制に関する保護者の意識を明らかにしました。

主な調査結果

  • 母親の方が熱心に関わっている
    子どものスポーツ活動に対し「母親の方が熱心」と回答した割合は73.7%、
    「父親の方が熱心」と回答した割合は26.4%だった。
    団体(クラブ・教室等)に所属して、定期的にスポーツ活動を行っている子ども(=以下、「スポーツ活動をしている子」とする)の母親に対して、母親と父親のどちらが熱心に関わっているかを尋ねた。
    その結果、「母親の方が熱心に関わっている」が73.7%、「父親の方が熱心に関わっている」が26.4%で、「母親の方が熱心」とする回答が多かった。
  • 多くの母親が、スポーツ活動への関与に「やりがい」を感じている
    子どものスポーツ活動に関わっている母親に対し、「やりがい」と「負担感」の程度を尋ねたところ、ほとんどの項目で、「負担」より「やりがい」を感じているという回答が上回った。
    スポーツ活動をしている子の母親に、実際に母親自身が行っている支援について、どの程度「やりがい」や「負担感」があるのかを尋ねた。「自主練習につきあう」「大会や試合に付き添う」「ルールを勉強する」は約8割が「やりがい」があるとしたのに対して、「負担感」があるのは約3割にとどまった。「負担感」が高いのは「送迎」「活動場所の手配や予約」などであった。(図2-5)
  • 子どもがスポーツ活動をしない理由の上位は「保護者の負担」
    子どもがスポーツ活動をしていない家庭の母親に対し、その理由を尋ねたところ、「送迎や付き添い」「費用の負担」「係や当番の負担」など保護者の負担が上位に見られた。
    スポーツ活動をしていない子の母親に、その理由を尋ねた。「送迎や付き添いの負担」「費用の負担」「保護者の係や当番の負担」といった保護者の負担に関する項目が、いずれも上位にあがっている。また、それらの項目は低学年でより高い数値となっていた。高学年では、「お子様が習い事をやりたがらない」「スポーツ以外の習い事や塾に通っている」などの、子ども本人の意思が関わる項目が上位にあがっていた。
母親のやりがい・負担感(スポーツ活動をしている子)

【図2-5】母親のやりがい・負担感(スポーツ活動をしている子)

小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する
調査研究(速報値)

  • 調査目的
    保護者が子どものスポーツ環境を「ささえる」行動の実態や、子どものスポーツ環境やそれを「ささえる」体制に関する保護者の意識を明らかにする。
  • 調査方法
    調査対象

    インターネット調査。小学1~6年生の第1子をもつ母親が対象。
    第1子の属性が各学年男女400名ずつになるように回収した。有効回答数は2,368名。
    ※小学生の子どもが複数いる場合は、第1子について回答してもらった。

  • 調査項目
    ①全体への質問
    現在行っているスポーツの種目/子どもの運動能力への期待/満足度/スポーツ環境に対する意見/家庭環境、保護者の属性など
    ②現在行っている種目がある場合(子どもがスポーツ活動をしている)
    所属する団体の種類/実施頻度/保護者の関与:母親の関与・父親の関与、保護者組織の有無、母親のやりがい・負担感、母親自身の変化
    ③現在行っている種目がない場合(子どもがスポーツ活動をしていない)
    スポーツ活動をしていない理由/子どもがスポーツ活動する場合の母親の負担感
  • 調査時期
    2017年2月
全文(PDF:802KB)
目次
  • 調査概要

  • 調査結果

    • Ⅰ. 子どものスポーツ活動(クラブ・教室等)

    • Ⅱ. スポーツ活動をしている子どもの家庭

    • Ⅲ. スポーツ活動をしていない子どもの家庭

    • Ⅳ. 子どものスポーツ環境に対する意識

  • 発行者
    公益財団法人 笹川スポーツ財団

無断転載、複製および転訳載を禁止します。引用の際は本書が出典であることを明記してください。
本事業は、ボートレースの交付金による日本財団の助成金を受けて実施しました。

ページの先頭に戻る