本文へスキップします。

研究レポート

障害者スポーツ施設に関する研究

わが国の障害者スポーツ専用施設および優先利用施設の設置状況とその概要、利用者数等を明らかにし、障害者スポーツの普及、振興状況を把握するための基礎資料とすることを目的とする。

主な調査結果

  • 障害者スポーツセンター(障害者専用・優先施設)は、
    全国に116ヵ所存在
    2010年現在、障害者スポーツセンター(障害者専用・優先施設)は全国に116ヵ所存在し、体育館のあるセンターが111ヵ所、プールのあるセンターが46ヵ所、グラウンドのあるセンターは28ヵ所であった
  • 2008年度の障害者のセンター利用者数の総計は257万9,843人
    2009年度は262万3,648人(100ヵ所の合計)であった
    障害者センターの利用者数の総計は、2008年度は857万3,613人、2009年度が867万8,357人(112ヵ所の合計)であった。そのうち障害者の利用者数の総計は、2008年度は257万9,843人、2009年度は262万3,648人(100ヵ所の合計)であった。
  • センターの障害別利用状況をみると、
    肢体不自由者知的障害者の利用が多い
    障害別に利用者を把握している障害者スポーツセンターは20ヵ所あり、2009年度の利用者は肢体不自由者(68万1,704人)が最も多く、次いで知的障害者(40万40人)が多い。一方、重複障害者(2万9,455人)の利用が最も少なかった。

障害者スポーツ施設に関する研究

  • 調査時期
    2010年9月13日~2011年2月28日
  • 調査対象
    全国の障害者スポーツ専用施設、または障害者が優先的に利用できるスポーツ施設
  • 調査方法
    • 1.インターネットによるウェブサイト掲載情報の収集
    • 2.電話による聞き取り
    • 3.訪問による報告書の入手
全文(PDF:1.62MB)
目次
目次を全て開く
  • 発行者
    公益財団法人 笹川スポーツ財団
  • 共同研究者
    同志社大学スポーツ健康科学部 教授 藤田 紀昭

無断転載、複製および転訳載を禁止します。引用の際は本書が出典であることを明記してください。
本事業は、ボートレースの交付金による日本財団の助成金を受けて実施しました。

ページの先頭に戻る