本文へスキップします。

研究レポート

笹川スポーツ財団は、スポーツ政策研究所を組織し、スポーツ振興の現場に基づく研究調査を行っています。

「スポーツ政策」「スポーツとまちづくり」「子ども・青少年スポーツの振興」の3つを重点テーマに掲げ、各種データの収集や研究活動の拡充に努めています。

カテゴリーを選ぶ

  • 2017年度
  • 2016年度
  • 2015年度
  • 2014年度
  • 2013年度
  • 2009~2012年度

『諸外国における障害者のスポーツ環境に関する調査』
(イギリス・カナダ・オーストラリア)報告書

3ヵ国における障害者のスポーツへの参加を支える取り組みとして、主に2つの共通点がありました。
  • パラリンピック開催前に「差別禁止法」を制定
  • 医療機関/当事者団体/障害者スポーツ団体の3者連携

平成29年 諸外国(6ヵ国)のスポーツ振興施策の比較表

  • 諸外国(イギリス、ドイツ、フランス、アメリカ、カナダ、オーストラリア)のスポーツ政策・行政体制・国家予算に占める割合などについて、調査を行いました。 6カ国のデータの国別の比較や項目別の比較ができます。

ページの先頭に戻る