笹川スポーツ財団

スポーツライフ・データ

子どものスポーツライフ・データ2013

笹川スポーツ財団では、2年に1度実施する『4~9歳のスポーツライフに関する調査』を通じて、子どもたちの運動・スポーツの現状を明らかにしてまいりました。
本調査では、子ども(4~9歳)の運動・スポーツ活動の実態を総合的に把握し、スポーツ・フォー・エブリワンの推進に役立つ基礎資料とすることを目的としています。
最新の結果の中からポイントをご紹介します。

4~9歳の約半数(52.7%)が、週7回以上運動・スポーツを実施

4~9歳の運動・スポーツ実施状況をみると、過去1年間にまったく運動・スポーツを行わなかった者は1.8%であった(p41:図1-2)。「週7回以上」は52.7%であり、4~9歳の子どもの半数が定期的にからだを動かしていることがわかった。

*2009年、2011年の調査は最大3種目まで、2013年の調査は最大5種目までの回答を分析対象とした。

【図1-2】運動・スポーツ実施頻度の年次推移(頻度分類別)

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2013

過去1年間に「よく行った」運動・スポーツ種目、男子の1位「サッカー」「野球」は上位10種目から外れる

過去1年間に「よく行った」運動・スポーツ種目を性別にみると、男子では、1位「サッカー」48.5%、2位「おにごっこ」48.4%、3位「水泳(スイミング)」41.0%であった。女子では、1位「おにごっこ」51.5%、2位「自転車あそび」37.3%、3位「ぶらんこ」36.4%であった(p47:表1-6)。
男子では、2011年調査では6位であった「野球」が今回の調査では選外となった。

【表1-6】過去1年間に「よく行った」運動・スポーツ種目の年次推移(性別:複数回答)

男子
2009年(n=596) 2011年(n=586) 2013年(n=610)
順位 実施種目 実施率
(%)
順位 実施種目 実施率
(%)
順位 実施種目 実施率
(%)
1 サッカー 43.1 1 サッカー 42.7 1 サッカー 48.5
2 水泳(スイミング) 30.0 2 おにごっこ 31.1 2 おにごっこ 48.4
3 おにごっこ 28.2 3 水泳(スイミング) 31.1 3 水泳(スイミング) 41.0
4 野球 24.0 4 自転車あそび 21.3 4 自転車あそび 33.9
5 ドッジボール 23.0 5 ドッジボール 20.5 5 ドッジボール 31.6
6 かけっこ 14.9 6 野球 13.8 6 ぶらんこ 23.4
7 キャッチボール 14.1 7 ぶらんこ 12.6 7 かけっこ 18.7
8 なわとび 10.2 8 かけっこ 11.8 8 かくれんぼ 16.9
9 かくれんぼ 9.7 9 かくれんぼ 7.5 9 なわとび(長なわとびを含む) 16.4
10 空手 6.4 鉄棒 7.5 10 鉄棒 13.6
女子
2009年(n=537) 2011年(n=611) 2013年(n=579)
順位 実施種目 実施率
(%)
順位 実施種目 実施率
(%)
順位 実施種目 実施率
(%)
1 おにごっこ 34.8 1 おにごっこ 36.8 1 おにごっこ 51.5
2 なわとび 31.5 2 水泳(スイミング) 28.8 2 自転車あそび 37.3
3 水泳(スイミング) 29.1 3 自転車あそび 24.9 3 ぶらんこ 36.4
4 ドッジボール 20.3 4 ぶらんこ 23.1 4 なわとび(長なわとびを含む) 36.3
5 かくれんぼ 15.6 5 なわとび(長なわとびを含む) 21.6 5 水泳(スイミング) 34.2
かけっこ 15.6 6 鉄棒 15.1 6 鉄棒 30.2
7 一輪車 13.6 7 ドッジボール 14.4 7 かくれんぼ 25.6
8 鉄棒 9.1 8 かくれんぼ 13.1 8 ドッジボール 21.4
9 バドミントン 6.9 9 かけっこ 12.9 9 かけっこ 18.8
10 サッカー 5.8 10 一輪車 10.5 10 一輪車 18.1
  • 注1)よく行った」運動・スポーツ種目:過去1年間に行った」運動・スポーツのうち、実施回数の多い種目。
  • 注2)2009年、2011年の調査は最大3種目まで、2013年の調査は最大5注目までの回答を分析対象とした。

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2013

過去1年間に直接観戦したスポーツは、男女ともに「プロ野球(NPB)」が最も高い結果に

過去1年間に体育館やスタジアム等で直接観戦したスポーツを聞いたところ、男女ともに「プロ野球(NPB)」(男子16.8%、女子10.0%)が最も高い観戦率となった(p68:表5-1)。

【表5-1】直接観戦したスポーツ(全体・性別・就学状況別:複数回答)

(%)

順位 種目 全体
(n=1,199)
男子
(n=618)
女子
(n=581)
未就学児
(n=321)
小学1・2年
(n=405)
小学3・4年
(n=469)
1 プロ野球(NPB) 13.5 16.8 10.0 9.3 13.3 16.6
2 Jリーグ(J1、J2) 7.8 13.3 4.0 5.0 8.1 9.4
3 マラソン・駅伝 4.5 4.4 4.6 3.1 4.9 4.9
4 高校野球 2.3 3.1 1.5 2.2 1.2 3.4
5 サッカー日本代表試合(五輪代表を含む) 2.1 2.8 1.4 1.2 1.7 3.0
6 サッカー(高校、大学、JFLなど) 2.0 2.6 1.4 1.2 1.5 3.0
7 バスケットボール(高校、大学、JBLなど) 1.8 1.6 2.1 1.2 1.2 2.8
8 アマチュア野球(大学、社会人など) 1.3 1.5 1.2 1.2 1.2 1.5
10 フィギュアスケート 1.2 0.6 1.7 0.6 1.2 1.5
プロバスケットボール(bjリーグ) 1.2 1.5 0.9 0.9 0.7 1.7
11 バレーボール(高校、大学、Vリーグなど) 1.1 0.5 1.7 0.6 2.0 0.6
12 サッカー日本女子代表試合(なでしこジャパン) 0.6 0.3 0.9 0.0 0.7 0.9
13 バレーボール(日本代表試合) 0.5 0.3 0.7 0.9 0.0 0.6
14 空手 0.4 0.6 0.2 0.6 0.5 0.2
小学生野球・中学野球 0.4 0.3 0.5 0.3 0.5 0.4
  直接観戦したことはない 67.1 63.4 71.1 74.1 67.2 62.3

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2013

子どものスポーツライフ・データ2012

わが国初の「4~9歳のスポーツライフに関する調査」を実施しました。最新の結果の中からポイントをご紹介します。

およそ32万人の子どもが1年間に運動・スポーツをまったく行っていない

過去1年間に行った運動・スポーツ上位3種目の実施頻度に基づき年間の実施頻度をみたところ、2009年調査と同様に休み時間や降園後・放課後に運動・スポーツをまったく行わない4~9歳の子どもが約5%存在することが示されました。この数値は、4~9歳の人口※から推計人口を算出すると、およそ32万人にものぼります。幼稚園や保育園の年中から小学校3年生に相当する幼少年期において、そのような子どもが存在している実態が明らかとなりました。

※4~9歳の人口:6,833,614人 (平成22年3月31日現在の住民基本台帳による。ただし、4歳の人口のみ国勢調査における各市区町村の4歳人口の構成比を用いた推計である。)

【図1】運動・スポーツ実施頻度の年次比較(頻度別)

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2012

幼児をもつ保護者の約13%が親子で運動・スポーツをしない

親子で一緒に運動・スポーツをする頻度を子どもの年齢別にみると、4歳では、50.7%が1週間に1回以上親子で定期的にしていると回答しているのに対し、9歳では27.1%と、子どもの年齢が高くなるにつれて親子で実施する割合が減少していることが示されました。また、4歳から6歳の幼児期の子どもをもつ保護者のうち、「まったくしない」が約13%、「年数回から1週間未満」が約4割にのぼることが明らかとなりました。

【図2】保護者(父母)が子どもと一緒に運動・スポーツをする頻度(子どもの年齢別)

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2012

親子での運動・スポーツの機会が少ない子どもは、
自身の運動・スポーツ実施頻度も低い

親子での運動・スポーツ実施と子ども自身の運動・スポーツ頻度の関係をみると、親子で一緒に定期的に運動・スポーツを実施している子どもの場合、子ども自身の運動・スポーツ実施状況は、非実施群2.8%、高頻度群41.9%でした。一方、親子で一緒に運動・スポーツを行っていない場合、子ども自身の運動・スポーツ実施状況は、非実施群13.6%、高頻度群31.1%となっています。

つまり、保護者と一緒に運動・スポーツを実施している子どもほど、自身の運動・スポーツ実施頻度も相対的に高くなっていることがわかります。このように、親子での運動・スポーツ実施は、子ども自身の運動・スポーツ実施と深く関わっている状況がうかがえます。

【図3】保護者(父母)が子どもと一緒に運動・スポーツをする頻度と子どもの運動・スポーツ実施頻度群

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2012

子どものスポーツライフ・データ2010

当財団が2001年から4年ごとに実施している「10代のスポーツライフに関する調査」で「スポーツ実施の二極化」を明らかにし、それが「体力低下」「運動能力低下」を招いていると考えました。では、二極化はいつの年齢から始まっているのか。その検証を主眼に、わが国初の「4~9歳のスポーツライフに関する調査」を実施しました。最新の結果の中からポイントをご紹介します。

4~9歳の運動・スポーツ実施の現状

本調査では10代の調査と同様に、4~9歳の運動・スポーツ活動を「幼稚園や保育園・学校の休み時間の活動・部活動は含めるが、園や学校の授業は行事のマラソン大会などは含めない」と定義し、スポーツのみならず、広く「運動・スポーツ」活動としてたずねています。

わが国の4~9歳は、どれくらい運動・スポーツを行っているのでしょうか。過去1年間の運動・スポーツの実施頻度(回数)をまとめたものが図1です。

全体の3分の1以上の子どもが週7回以上の運動・スポーツを実施しており、活発な運動・スポーツの実態が明らかになりました。一方、まったく実施しなかった子どもは5.3%とおよそ20人に1人となっています。

次に、過去1年間に1回以上行った運動・スポーツ種目をまとめたものが表1です。

1位「おにごっこ」、同率2位に「かくれんぼ」「なわとび」、4位「水泳(スイミング)」、5位「かけっこ」といわゆる運動あそびが上位を占めました。スポーツ種目に限ると、上位10種目に入ったのは、7位「サッカー」と10位「野球」のみでした。

【図1】運動・スポーツ実施頻度(n-1,196)

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2010

【表1】過去1年間に1回以上行った運動・スポーツ種目(複数回答)

(%)

順位 種目(n=1,196) 順位 種目(n=1,196)
1 おにごっこ 61.0 11 体操(軽い体操・ラジオ体操など) 18.9
2 かくれんぼ 49.4 12 バドミントン 17.2
なわとび 49.4 13 サイクリング 16.1
4 水泳(スイミング) 44.7 14 木登り 15.6
5 かけっこ 42.7 15 竹馬 14.9
6 ドッジボール 37.9 16 釣り 14.7
7 サッカー 36.4 17 一輪車 14.2
8 海水浴 26.5 18 そり 12.8
9 キャッチボール 22.5 19 ボウリング 12.7
10 野球 20.1 20 キックボード 11.5

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2010

スポーツ実施の二極化は「8歳、中学進学、高校進学」が
ターニングポイント

年齢ごとに運動・スポーツ実施頻度をみると、未就学児においては男女で大きな差はなく、高頻度群に注目すると、4歳~7歳までは男子よりも女子のほうが高い値を示しました(表2)。

一方、8歳以上になると女子よりも男子の高頻度群の割合が高くなり、その傾向は18歳まで続きます。8歳という年齢は、小学校の2・3年生にあたる年齢であり、特に運動・スポーツ実施とジェンダーの関わりが強固にみられるターニングポイントである可能性が示唆されました。

また、11歳→12歳の非実施群(男子1.0%→5.3%、女子6.3%→11.8%)や、15歳→16歳の非実施群(男子6.5%→13.9%、女子15.5%→33.3%)、高頻度群(男子55.6%→43.5%、女子40.2%→19.0%)がターニングポイントとなっています。特に15歳→16歳における女子の運動・スポーツ離れが顕著です。

身体的な性別とは異なる、社会的・文化的な性のありよう

【表2】4~19歳の運動・スポーツ実施頻度群(年齢×性別)

(%)

男子 非実施群 低頻度群 中頻度群 高頻度群
4歳
(n=65)
16.9 23.1 23.1 36.9
5歳
(n=93)
4.3 20.4 43.0 32.3
6歳
(n=97)
4.1 29.9 34.0 32.0
7歳
(n=100)
1.0 20.0 47.0 32.0
8歳
(n=100)
1.0 25.0 40.0 34.0
9歳
(n=166)
2.4 18.7 40.4 38.6
10歳
(n=68)
0.0 20.6 36.8 42.6
11歳
(n=102)
1.0 17.6 42.2 39.2
12歳
(n=95)
5.3 9.5 36.8 48.4
13歳
(n=100)
3.0 7.0 31.0 59.0
14歳
(n=118)
4.2 5.9 39.0 50.8
15歳
(n=108)
6.5 12.0 25.9 55.6
16歳
(n=108)
13.9 13.9 28.7 43.5
17歳
(n=110)
19.1 18.2 30.0 32.7
18歳
(n=89)
16.9 31.5 28.1 23.6
19歳
(n=107)
18.6 46.1 21.6 13.7
女子 非実施群 低頻度群 中頻度群 高頻度群
4歳
(n=70)
11.4 28.6 21.4 38.6
5歳
(n=76)
6.6 21.1 28.9 43.4
6歳
(n=68)
4.4 26.5 33.8 35.3
7歳
(n=91)
7.7 28.6 30.8 33.0
8歳
(n=107)
6.5 28.0 37.4 28.0
9歳
(n=163)
4.9 27.0 42.3 25.8
10歳
(n=69)
2.9 30.4 40.6 26.1
11歳
(n=112)
6.3 31.3 35.7 26.8
12歳
(n=110)
11.8 21.8 27.3 39.1
13歳
(n=97)
14.4 15.5 30.9 39.2
14歳
(n=100)
16.0 16.0 36.0 32.0
15歳
(n=97)
15.5 17.5 26.8 40.2
16歳
(n=105)
33.3 25.7 21.9 19.0
17歳
(n=98)
34.7 19.4 27.6 18.4
18歳
(n=93)
35.5 22.6 25.8 16.1
19歳
(n=108)
24.1 40.7 22.2 13.0

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2010

兄弟姉妹の有無と運動・スポーツ実施頻度の関係

兄弟姉妹の有無別に子どもの運動・スポーツ実施状況をみると、非実施群では、ひとりっ子9.5%、兄弟姉妹がいる者4.5%とひとりっ子の方が5.0ポイント高くなっています(図2)。一方、中・高頻度群については、ひとりっ子では59.2%、兄弟姉妹がいる者72.2%と13.0ポイントの差があり、兄弟姉妹がいる方が子どもの運動・スポーツ実施頻度は高いことが明らかになりました。

また、兄弟姉妹がいると回答した者を対象として、兄弟姉妹の中でひとりでも運動・スポーツを実施している場合と、全員が非実施の場合の子どもの運動・スポーツ実施状況をみたものが図3です。中・高頻度群については、兄弟姉妹非実施群では63.3%であるのに対し、兄弟姉妹の誰かひとりでも運動・スポーツを実施している群では74.1%となっています。兄弟姉妹がいる場合、そのうち誰かひとりでも運動・スポーツを実施しているならば、子どもの運動・スポーツ実施頻度が高いことがわかりました。

【図2】兄弟姉妹の有無と運動・スポーツ実施頻度群

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2012

【図3】兄弟姉妹の運動・スポーツ実施と運動・スポーツ実施頻度群

資料:笹川スポーツ財団「4~9歳のスポーツライフに関する調査」2012

ページの先頭に戻る