Sport Policy for Japan

Sport Policy for Japanとは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換する場です。笹川スポーツ財団では、Sport Policy for Japanを後援し、学生の「自分たちの力で日本のスポーツをより良くしよう!」という情熱を応援します。

2016年大会

大会
主催
後援
募集期間
参加資格

2016年度大学3年生 5名程度のグループ参加(最小3名)

指導教員が付くことが必須。
参加チームはゼミ単位でなくてもかまいません。

原則として、同一ゼミからの参加は3チームを上限とします。
(4チーム以上をご希望される場合は事務局 spj@ssf.or.jp にご相談ください。)

募集テーマ分野の例
  • スポーツ施設
  • スポーツ組織
  • スポーツを支援する人々
  • アスリート
  • スポーツイベント
  • 体育、部活動
  • 障害者スポーツ
  • スポーツライフ ※

※笹川スポーツ財団発行「スポーツライフ・データ」をご活用ください。
  元データを提供しております。

具体的なテーマ例

2015年のテーマ例
  • 水難事故ゼロを目指して
  • 大阪府スポーツ推進計画 ~大阪スポーツ王国の創造~
    大阪府のグランド(運動施設)の活用方法に関するご提案
  • 四国アイランドリーグ ~球場のエンターテイメント化~
  • 被災地における子どもの運動促進プロジェクト
  • 生涯自転車 ~誰もが生涯にわたって自転車を利用する社会へ~
  • ゆるスポーツで世界を変える
  • 健康寿命世界一にっぽん
  • 大学スポーツの未来をつくる ~組織改革の観点から~
  • SNS を使用した広報戦略は大学スポーツにおいて有効であるか
    ~帝京大学ラグビー部を事例に~
  • スポーツのきっかけづくり
  • スポーツによる地方創生 ―FC今治をケーススタディーとして―
  • 部活動廃止案 ―総合型地域スポーツクラブの発展を目指して―
参加申込方法

今大会は、1部門に統一し、チームを募集いたします。

参加希望チームは、以下の参加申込フォームよりお申込みください。

また、以下の日程で会議・勉強会を行いますので、ご参加をお願いします。

第1回運営会議

日時 2016年6月26日(日) 14:00~16:00
※その後、懇親会を予定
場所 スタンダード会議室 赤坂サイド店 2階会議室
東京都港区赤坂1-3-13

参加対象者

チーム代表者ならびに研究リーダー

※幹事会での役割を決定するため、代表者が欠席の場合は、代理の出席が必要です
所属大学が遠方の場合の出席は任意とします

内容 Sport Policy for Japan 2016 概要説明
幹事会メンバー顔合わせ
代表幹事 副代表幹事 その他役割の決定
代表者の写真撮影

政策提言の組み立て方 勉強会

日時 2016年7月7日(木) 18:30~20:00
場所 日本財団 会議室(AB)

講師 亀井 善太郎
東京財団 政策プロデューサー
立教大学大学院 21世紀社会デザイン研究科 特任教授
参加対象者 参加チーム全員
所属大学が遠方の場合の出席は任意とします
参加申込フォーム

参加申込は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

※代表者と研究リーダーについて
「代表者」はSPJ2016の開催・運営を担う幹事会に所属します。
「研究リーダー」は、チームの研究活動のリーダーです。幹事会には所属しません。
大会が近づくにつれて、大会の運営準備と、研究活動も忙しくなるため、
「代表者」と「研究リーダー」は別の方が担当されることをおすすめいたします。

新着情報
一覧