本文へスキップします。

2011年大会

Sport Policy for Japan 2011

Sport Policy for Japan 2011が10月1日、2日に開催され、11大学19チーム 総勢96名が参加いたしました。
審査の結果、最優秀賞・優秀賞が決定いたしました。

最優秀賞 喜びの声
立教大学
松尾ゼミB
特別支援学校に着目した障害者スポーツへのアクセシビリティの向上支援
- 大学生ボランティア「特別支援学校スポーツすすめ隊」制度の確立 -
優秀賞
多摩大学
相原ゼミB
バイエルン・ミュンヘンのグローバル戦略
日本に対する経営戦略策定を中心に
大会:2011年10/1(土)~2(日)
募集期間:2011年3/9(水)~5/10(火)
申込期間:2011年3/15(火)~5/10(火)
主催 Sport Policy for Japan
後援 笹川スポーツ財団
会場 早稲田大学東伏見キャンパス 79号館STEP22 205大教室 他
東京都西東京市東伏見2-7-5 *西武新宿線 東伏見駅より徒歩1分
参加大学

11大学 19チーム 約100名
神奈川大学、慶應義塾大学、産業能率大学、順天堂大学、尚美学園大学、多摩大学、東海大学、東京成徳大学、一橋大学、立教大学、早稲田大学(五十音順)

参加チーム一覧

大会当日(10/1~2)のスケジュール
発表順はこちら 発表順はこちら
幹事会メンバー紹介

表彰について

最優秀賞(1団体)には、表彰盾と副賞を、優秀賞には、表彰盾を用意。

審査員 : 大坪正則氏(帝京大学教授)、玉木正之氏(スポーツジャーナリスト)、
三谷哲生氏(文部科学省スポーツ・青少年局)、渡邉一利氏(笹川スポーツ財団常務理事)

ページの先頭に戻る