本文へスキップします。

2015年大会

Sport Policy for Japan 2015

審査方法について

◆ 研究要旨審査(事前審査)

【審査基準】

① 実現性部門

妥当性
  • 実社会の現状を踏まえた(社会・業界・組織等の)課題抽出が適切であるか
  • 課題に対して適切な解決策が明示されているか
  • 提言に基づくアクションの主体者が妥当であるか
根拠
  • 適切な調査に基づいたエビデンスを論拠としているか
  • 提言内容を実行するための財源が検討されているか
明瞭性
  • 簡潔明瞭にまとまっているか
  • 論理展開に矛盾はないか

② 独創性部門

独創性
実社会の現状を踏まえた上で、
  • 課題を抽出する着眼点が独創的であるか
  • 解決策が独創的であるか
  • 解決を目指す課題の社会における優先度は高いか
根拠
  • 適切な調査に基づいたエビデンスを論拠としているか
明瞭性
  • 簡潔明瞭にまとまっているか
  • 論理展開に矛盾はないか

ページの先頭に戻る