本文へスキップします。

提言要旨

Sport Policy for Japan 2016

提言要旨(作成要領)

【作成について】

  • ・本紙の内容をご確認の上、3ページ目からの「書式」に従って作成する。
  • ・A4用紙に「研究タイトル」から「参考文献」までを、4枚で作成する。(図表等も含む)。

【書式について】

  • ◆提言要旨は、以下の書式で作成しているので、変更しない。
  • ・A4用紙、縦置き、横書き
  • ・文字 日本語 MS明朝10.5pt. 数字は半角。アルファベットは半角でフォントは任意

◆ページ設定

  • ・40字 × 36行  1ページめのタイトル含む
  • ・余白  上35mm 下30mm 左右30mm

◆番号の振り方

  • ・1―(1)―ア の順

◆図表

  • ・表タイトル 表の上
  • ・図タイトル 図の下
  • ・表と図それぞれに(1つでも)1から連番をつける。図表の出処はそれぞれの図表につける。

◆注

  • 必要に応じ注1のようにつけ、末尾に
    注1)○○・・・
    注2)△△・・・
    のように列記。

◆参考文献

  • 注の次に(最後に)
    <参考文献>
    の行を入れ、主なものについてアルファベット順とする

    例 厚生労働白書2010年度版
      中島隆信(1997) 大相撲の経済学、東洋経済新報社
      山田花子(2009) スポーツツーリズムの現況と展望、体育の科学、Vol16,No.2,p.23-29

◆構成および内容について

1. 表紙について
「研究タイトル」
「研究タイトル」を正確に記入する
「チーム名」
表チーム名を正確に記入する。
「研究者氏名」
研究者氏名を全員分記入する。
苗字と名前は半角スペースとし、研究リーダーの前に○印をつける
例 「○笹川 太郎 笹川 花子」
2. 内容について

提言要旨作成にあたっては、以下を参考に構成してください。


  1. はじめに・緒言・研究の背景など
    テーマを選定した背景や自分たちが課題と考える現状、およびそれらを踏まえた研究の目的について記述
  2. 研究の方法・結果
    「はじめに」、「緒言」等で示した目的に基づき立てた仮説と、それを検証する研究の方法とその結果を記述
  3. まとめ・考察・提言
    結果を受けた考察(まとめ)ならびに提言を記述

<参考文献>
著者名のアルファベット順に記入

以下のwordファイルをダウンロードして、作成してください。

ページの先頭に戻る