Search

スポーツと地方創生

スポーツと地方創生

この書籍は「amazon」ブックストアにてご購入いただけます。以降は、ブックストアのページになります。

「スポーツによる地方創生」が地方自治体の政策にあがって久しい。地方自治体、大学、企業、スポーツ団体、スポーツコミッションなどそれぞれの立場から地域の特性を生かした事例を解説する。

仕様
A5判並製 / 154ページ
価格
定価 1,760円(本体 1,600円+税 10%)
ISBN
978-4-86413-120-9
発行
2019年5月31日

購入をご希望の方は、「amazon」ブックストアにてお申し込みください。

主な内容

  1. スポーツまちづくりを促す方法論的課題の検討
    (松橋崇史)
  2. ラグビーワールドカップ2019と東京2020オリンピック・パラリンピック開催を契機とした静岡県の取組
    (山本 東)
  3. ユニークな戦略で成長を続けるニッチスポーツと地方自治体:フラッグフットボールと南箕輪村による「スポーツと地域創生」の試み
    (町田 光)
  4. 山梨県でのスポーツボランティア養成と活用事例
    (長倉富貴)
  5. ゴルフトーナメントと地方創生:森ビルグループがゴルフ事業で達成したこと、これから目指すこと
    (木村充宏)
  6. Beyondラグビーワールドカップ2019TM:釜石鵜住居復興スタジアムの未来
    (増田久士)
  7. スポーツを軸にしたコミュニテイーづくり:地域スポーツクラブからスポーツコミッションへ 総合型地域スポーツクラブの役割について
    (桑田健秀)
  8. ユニフォームの色から考える地方の実力
    (井上俊也)
  9. スポーツボランティア「山梨モデル」をマネジメントの観点から評価する
    (武藤泰明)
  10. スポーツによる地域創生は、地元資源を知ることから…
    (佐野慎輔)