本文へスキップします。

スポーツ白書

  • スポーツ白書2020

    スポーツ白書 2020

    豊富なデータに裏打ちされた詳細かつ客観的な分析で日本のスポーツの現状を紐解く『スポーツ白書』。2019年から3年間の「ゴールデン・スポーツイヤーズ」の只中で刊行する2020年度版では、そうした精緻な報告に加え、その先を見据えた対談も掲載する。ダイバーシティーがいっそう重要性を増すこの時代において、スポーツはどのように社会に貢献できるのか、パラスポーツや高齢者スポーツ、女性スポーツにおける取り組みなどを踏まえつつ提示する。

    概要
    わが国のスポーツの現状をデータに基づいて詳細に分析した、スポーツ界における唯一の白書。 国内外の最新データや先進事例に加え、話題のトピックも掲載したスポーツ関係者必携の書。
    発行
    2020年3月(予定)
  • スポーツ白書 2017

    概要
    わが国のスポーツの現状をデータに基づいて詳細に分析した、スポーツ界における唯一の白書。 国内外の最新データや先進事例に加え、話題のトピックも掲載したスポーツ関係者必携の書。
    主な内容
    トピック /スポーツ、その熱狂と心酔 /日本再興戦略にスポーツが貢献する /ポスト東京オリンピック・パラリンピックの東京の都市戦略 /スポーツを核とした地域活性化 /オリンピックの未来 /ハートとハード ~パラリンピックを通じた共生社会の実現に向けて /スポーツにみるダイバーシティとマイノリティ /オリンピック選手のキャリア支援 /TAFISAワールドコングレス2019東京の開催 /スポーツ立国実現のためのシステムデザインとマネジメント
    スポーツの現状分析 スポーツ政策/スポーツ参加動向/子どものスポーツ/スポーツ財源/スポーツ施設/スポーツの人的資源/スポーツクラブ/スポーツとメディア/スポーツイベントとツーリズム/トップスポーツ
    価格
    3,500円+消費税
    発行
    2017年3月1日
    発売
    2017年3月17日
    仕様
    A4判/345ページ
  • スポーツ白書 2014 ~スポーツの使命と可能性~

    概要
    わが国のスポーツの現状をデータに基づいて詳細に分析した、スポーツ界における唯一の白書。国内外の最新データや先進事例に加え、話題のトピックも掲載したスポーツ関係者必携の書。
    主な内容
    巻頭対談 東京オリンピック・パラリンピックとスポーツの未来

    <対談>河野一郎(日本スポーツ振興センター理事長)
    竹田恆和(日本オリンピック委員会会長)

    トピックス 東京オリンピック・パラリンピック開催と東京の未来構想 / 日本スポーツの国際政治力 / 人づくり・まちづくりとスポーツ施設 / 体力低下の正体 / スポーツ文化としての暴力 / トップアスリートのアイデンティティ / 障害者スポーツの発展のために / 1964から2020へ 歴史を伝える意義 ほか
    調査結果 スポーツ政策 / スポーツ参加動向 / 子どものスポーツ / スポーツ財源 / スポーツ施設 / スポーツの人的資源 / スポーツクラブ / スポーツ・メディア / スポーツイベント / トップスポーツ
    価格
    3,500円+消費税
    発行
    2014年2月20日
    発売
    2014年3月1日
  • スポーツ白書 ~スポーツが目指すべき未来~

    概要
    わが国のスポーツの現状をデータに基づいて詳細に分析した、スポーツ界における唯一の白書。国内外の最新データや先進事例に加え、話題のトピックも掲載したスポーツ関係者必携の書。
    仕様
    A4判 / 252ページ
    価格
    3,500円+消費税
    ISBN
    978-4-915944-45-1
    発行
    2011年2月15日
  • スポーツ白書~スポーツの新たな価値の発見~

    スポーツ白書~スポーツの新たな価値の発見~

    概要
    FIFAワールドカップやオリンピックなどのイベントをみてもわかるように、スポーツの社会、経済、文化的影響力は近年大きくなっている。こうした中、社会の諸問題に対して、スポーツが果たしうる役割は何か?
    豊富なデータによってわが国のスポーツの現状を明らかにし、国内外の先進事例を紹介することで今後の方向性を示したスポーツ関係者必携の書。
    仕様
    A4判 / 247ページ / カラーグラビア8ページ
    価格
    2,800円+消費税
    ISBN
    978-4-915944-39-0
    発行
    2006年3月

ページの先頭に戻る