本文へスキップします。

スポーツライフ・データ

笹川スポーツ財団では、2016年6月~7月に全国の18歳以上の『スポーツライフに関する全国調査』を男女3,000人を対象に実施しました。

睡眠時間 ~健康に関する意識と行動より~

睡眠の状況として、平日と休日における就寝時間と起床時間をたずね、睡眠時間を算出した(表1)。 平日の睡眠時間は、全体で「7時間未満」41.8%、「7時間以上9時間未満」51.8%、「9時間以上」6.4%であった。

性別にみると、「7時間未満」は男性38.1%、女性45.5%であり、男性に比べて女性の割合が高い。性・年代別にみると、「7時間未満」は、男女ともに40歳代が最も高く、男性51.7%、女性61.6%であった。40歳代以降は男性も女性も同様に年代が上がるにつれて低くなり、70歳以上では1割~2割程度となる。

性別によって「7時間未満」の割合に大きな差がみられる年代は、50歳代と60歳代であり、いずれも女性が男性を16ポイントほど上回る。一方、20歳代と30歳代では、男性の割合が女性よりもわずかに高い結果となった。

休日の睡眠時間は、全体で「7時間未満」21.0%、「7時間以上9時間未満」57.5%、「9時間以上」21.5%であった。「7時間未満」の割合は、平日では4割を占めるが休日では2割となる。

性別にみると、「7時間未満」は男性18.9%、女性23.1%であり、平日と同様に男性に比べて女性の割合が高い。

性・年代別にみると、男女とも「7時間未満」の割合は20歳代から50歳代にかけて年代が上がるにつれて高くなり、50歳代以降は低くなる。また、平日と同じく20歳代と30歳代では女性よりも男性が高く、それ以外の年代では女性の割合が男性よりも高い結果となった。

平日と休日の睡眠時間を比較すると、「7時間未満」の割合は男女とも18・19歳代で最も差が大きい。次いで40歳代において、男性29.9ポイント、女性32.6ポイントと平日と休日の違いが顕著であった。

① 睡眠時間(全体・性別・性別×年代別)

【表1】睡眠時間(全体・性別・性別×年代別)

(%)

7時間未満 7時間以上 9時間未満 9時間以上
平日 全体(n=2,989) 41.8 51.8 6.4
男性 全体(n=1,485) 38.1 54.7 7.2
18・19歳(n=38) 50.0 44.7 5.3
20歳代(n=199) 38.7 53.3 8.0
30歳代(n=254) 42.1 52.8 5.1
40歳代(n=288) 51.7 45.8 2.4
50歳代(n=237) 43.5 51.9 4.6
60歳代(n=272) 28.7 63.2 8.1
70歳以上(n=197) 16.8 65.0 18.3
女性 全体(n=1,504) 45.5 49.0 5.5
18・19歳(n=36) 55.6 36.1 8.3
20歳代(n=192) 35.9 55.2 8.9
30歳代(n=242) 38.0 57.4 4.5
40歳代(n=279) 61.6 36.2 2.2
50歳代(n=236) 60.2 39.0 0.8
60歳代(n=284) 44.7 51.4 3.9
70歳以上(n=235) 26.4 59.6 14.0
休日 全体(n=2,983) 21.0 57.5 21.5
男性 全体(n=1,483) 18.9 55.6 25.5
18・19歳(n=38) 7.9 47.4 44.7
20歳代(n=199) 13.6 47.2 39.2
30歳代(n=254) 19.3 52.8 28.0
40歳代(n=288) 21.9 55.6 22.6
50歳代(n=237) 24.5 57.4 18.1
60歳代(n=271) 19.9 59.0 21.0
70歳以上(n=196) 13.3 62.8 24.0
女性 全体(n=1,500) 23.1 59.3 17.6
18・19歳(n=36) 13.9 44.4 41.7
20歳代(n=192) 8.3 52.6 39.1
30歳代(n=242) 16.9 60.7 22.3
40歳代(n=279) 29.0 58.8 12.2
50歳代(n=235) 31.5 61.3 7.2
60歳代(n=283) 27.9 62.2 9.9
70歳以上(n=233) 21.9 60.5 17.6
  • 注)平日と休日における就寝時刻と起床時刻から睡眠時間を算出した。

資料:笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査」2016(P.109 7-1

②睡眠時間(運動・スポーツ実施レベル別)

本調査では、運動・スポーツの実施状況を回数(頻度)、時間、強度に基づき、レベル0~4までの5段階で定義している(表2)。図1に示すとおり、運動・スポーツ実施レベル別にみると、「レベル1」以上では「7時間未満」の割合がいずれも平日で4割、休日は2割台であった。「レベル0」は、平日と休日いずれも他のレベルと比較して「7時間未満」の割合が低く、「9時間以上」が高い割合を示した。

【表2】運動・スポーツ実施レベル

運動実施レベル 定義
レベル0 過去1年間に全く運動・スポーツを実施しなかった
レベル1 年1回以上週2回未満(1~103回/年)
レベル2 週2回以上(104回/年以上)
レベル3 週2回以上、1回30分以上
レベル4 週2回以上、1回30分以上、運動強度「ややきつい」以上

【図1】睡眠時間(運動・スポーツ実施レベル別)

資料:笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査」2016(p.109 表7-2より作成)

データの使用申請

スポーツライフ・データ

最新の調査をはじめ、過去のスポーツライフ・データの元データを提供しています。


  • スポーツライフ・データ

    全国の18歳以上のスポーツライフについて調査しました。

  • 青少年のスポーツライフ・データ

    全国の10代のスポーツライフについて調査しました。

  • 子どものスポーツライフ・データ

    全国の4~9歳のスポーツライフについて調査しました。

PICK UP

ページの先頭に戻る