本文へスキップします。

2020年東京オリンピック・パラリンピック1年前
~レガシー創出に向けて~

2020年東京オリンピック・パラリンピック(2020年東京大会)1年前となり、急ピッチで準備が進められています。
笹川スポーツ財団では、2020年東京大会の成功とともに大会終了後に開催都市に何を残すのか、オリンピック・パラリンピックの「レガシー」について、コラムや研究調査、データなどさまざまな視点からレガシー創出に向けて情報発信していきます。

オリンピック・パラリンピックレガシーとは

国際オリンピック委員会(IOC)は、オリンピック憲章の中で、大会のポジティブなレガシーを築くことが自分たちのミッションのひとつであると明記し、具体的な分野としてスポーツ、社会、環境、都市、経済の5つをあげています。※IOC Olympic legacy bookletより引用。


5つのオリンピック・レガシー

1・「Sporting Legacy (スポーツ)」
スポーツ人口の変遷やスポーツ環境の変化など
2・「Social Legacies (社会)」
官民一体の体制づくり、オリンピック・パラリンピック教育の推進など
3・「Environmental Legacies(環境)」
都市再生、再生可能エネルギーなど
4・「Urban Legacies (都市)」
公共交通インフラの整備、バリアフリー化など
5・「Economic Legacies(経済)」
雇用創出やテクノロジーの発達など

最新情報

 

研究調査

コラム・レポート

オリンピックの歴史

オリンピック・パラリンピック 資料 年表 開催国・開催都市・出来事など スポーツ歴史の検証

ページの先頭に戻る