本文へスキップします。

チャレンジデー

チャレンジデーから始まった新たな事業

大分県豊後高田市

「豊後高田市版チャレンジデー」

目的と実施内容

ナイトウォーキング準備体操

ナイトウォーキング準備体操

表彰式

表彰式

表彰グループによる事例発表

表彰グループによる事例発表

オープニング ラジオ体操

オープニング ラジオ体操

  • チャレンジデーのプログラム内容を取り入れ、市民の健康づくりをまちの活性化につなげることを目指す。
  • 毎年10月の1ヵ月間、1日15分以上運動した人の参加率を競う。
  • 市民の運動の習慣化を目的に2010年から実施。
  • 自治会や事業者などのグループ単位、小中学校PTAによる参加。

ルール

  • 1日15分以上の運動をした延べ参加者数の参加率を競う。
  • 運動の内容は問わず、カウントは1人1日1回。
  • 表彰:上位3団体(各団体別、人数別に設定)
    特別賞(敢闘賞・チャレンジ賞)
    敢闘賞:参加率90%以上
    チャレンジ賞:参加率70%以上
    最高齢参加者:ベストプラチナ賞(2015年から)
    80歳以上の参加者:プラチナ賞

より多くの団体を表彰することで「やる気」を喚起!

参加団体・延べ参加者の推移

  • 2010年 22団体 10,552人
  • 2011年 70団体 27,424人
  • 2012年 76団体 48,415人
  • 2013年 81団体 50,171人
  • 2014年 88団体 63,974人
担当者から

『チャレンジデー』のルールやプログラム内容を参考に、多くの市民にスポーツ・運動による健康づくりに励んでもらい、健康長寿によるまちの活性化と過疎化への対応で始めたのが『豊後高田版チャレンジデー』です。
毎年参加も着実に増えており、目的に向かってまい進している一方で、今は「運動をされていない市民をどのように取り込んでいくか」が課題となっています。
そのため、引き続き、老人クラブや各種サロン、企業をはじめとする事業所などに、粘り強く参加を呼び掛けています。また、担当部署の教育委員会だけでなく、市役所の各課や関係機関と一緒になって取り組んでいくことが重要だと考えております。
これからも目標達成のために続けていく予定です。

ページの先頭に戻る