本文へスキップします。

News & Topics

「TAFISA-SSF World Forum」開催報告

2012年11月17日

イベント情報

笹川スポーツ財団(SSF)では、このたび、世界最大規模(130カ国・地域から200団体以上が加盟)のスポーツ・フォー・オール普及・推進組織である国際スポーツ・フォア・オール協議会(TAFISA, The Association For International Sport for All)の協力を得て、下記のとおり「TAFISA-SSF World Forum」を開催いたします。

テーマを「スポーツと子どもの未来」として、TAFISA理事である山口泰雄教授(神戸大学大学院)を始め、各国における同分野の専門家であるTAFISA理事の方々を講演者に迎え、カントリー・レポート、パネル・ディスカッションなどを行います。

おかげさまを持ちまして、盛会のうちに終了しました。

多くの方々にご参加いただき、充実したフォーラムになりましたことを
心より御礼申し上げます。

笹川スポーツ財団

「TAFISA-SSF World Forum」概要

テーマ : "スポーツと子どもの未来" (英語名:"Sport for Youth Future")

日時 2012年11月17日(土)10時~16時
場所 東海大学校友会館(千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル35階) 地図
後援 文部科学省、観光庁、東京都、(独)日本スポーツ振興センター、(公財)日本オリンピック委員会、
TAFISA-Japan、日本生涯スポーツ学会 等
特別協賛 日本財団
言語 英語(同時通訳有り)、日本語
参加費 無料
定員 120名

プログラム(予定)

10:00 オープニング
● 李 康斗氏(TAFISA会長、韓国)
● 小野 清子(笹川スポーツ財団理事長)
10:15~10:50
基調講演1 :  "Global Trends in Sport for All"
● Mr. Wolfgang Baumann(TAFISA事務局長、ドイツ)
10:50~11:15
基調講演2 :  「日本における子どものスポーツ機会の向上策」
● 西井 知紀氏(文部科学省 スポーツ・青少年局 スポーツ・青少年企画課
  スポーツ政策企画室 室長)
11:15~12:15

~各国によるケーススタディ~

セッション1 : 

● Dr. Ewa Suska(ポーランド)
  スポーツ・観光省

● Mr. Wim Florijn(オランダ)
  元 国立スポーツ・身体活動研究所

● Mr. Leonard Thadeo(タンザニア)
  情報・文化・スポーツ省

● Mr. Preben Staun(デンマーク)
  デンマーク・オリンピック委員会

● Mr. Jorma Savola(フィンランド)
  フィンランド・スポーツ・フォア・オール協会

12:15~13:30 昼食
13:30~14:30
セッション2 : 

● Mr. Herzel Hagay(イスラエル)
  イスラエル・スポーツ・フォア・オール協会

● Hon. Brian Dixon(オーストラリア)
  ライフ・ビー・イン・イット

● Ms. Mitra Rouhi Dehkordi(イラン)
  イラン・スポーツ・フォア・オール連盟

● Prof. Rodolfo Valgoni(アルゼンチン)
  パンアメリカ・スポーツ・フォア・オール連盟

● 張 周鎬氏(韓国)
  韓国スポーツ・フォア・オール協会

● 馮 建中氏(中国)
  国家体育総局

14:30~15:00
日本セッション :  「スポーツと子どもの未来 ~JOCの取り組みについて~」
● 荒木田 裕子氏(公益財団法人 日本オリンピック委員会 理事)
15:00~16:00
セッション3 : 

パネルディスカッション
「ユーススポーツの未来戦略("Future Strategy for Youth")」

● 山口 泰雄氏
  神戸大学大学院 教授/TAFISA理事

● Mr. Wolfgang Baumann

● Mr. Jorma Savola

● Mr. Leonard Thadeo

16:00 クロージング 「東京宣言("Tokyo Appeal")」発表
● 山口 泰雄氏

※上記プログラムおよび登壇者は変更する場合がございます。予めご了承ください。

問合せ先

笹川スポーツ財団  国際担当 吉田・玉澤・野口
Tel : 03-5545-3301  E-mail : info@ssf.or.jp

ページの先頭に戻る