本文へスキップします。

国際情報

Sport News Germany

2015年06月25日

ドイツスポーツ便り2

国内の、さらに世界の頂点を目指して競技に励む多くのアスリートがいる。ドイツでは、年の終わりが近づくと、スポーツに関わるさまざまな表彰が行われる。何といっても一番の注目は「今年のスポーツマン(Sportler des Jahres)」の表彰式だ。2014年は12月21日(日)に行われ、22時からZDF(第2テレビ)で実況中継された。会場はヨーロッパ有数の温泉地であるバーデン・バーデンのクアハウス。ここで催されるイベントは格式が高く、女性は長いイブニングドレス、男性は礼服着用がマナーとされる。1988年夏季オリンピック開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会で、名古屋がソウルに敗れたのもこの会場である。

「今年のスポーツマン」の選考は1947年から行われており、票を投じるのは国内のスポーツジャーナリストである。男子では3年連続で陸上・円盤投げのロベルト・ハルティング(Robert Harting)、女子では2014年ソチ大会でドイツ選手団の旗手を務めたアルペンスキーのマリア・ヘフルリーシュ(Maria Höfl-Riesch)、チームではもちろん、2014FIFAワールドカップブラジル大会を制したサッカー男子ナショナルチームが選ばれた。サッカーの男子ナショナルチームは歴代最多の10回目の受賞で、これに続くのは女子テニスのシュテフィ・グラフ(6回)、男子テニスのボリス・ベッカー(5回)である。なお、この1週間後の12月28日には、大衆紙「ビルト(Bild)」が「私たちが本当に好きな100人のスポーツマン(100 Sportler, die wir Deutschen wirklich lieben)」を発表した。グーグルの検索で上位にあがる選手100人を抽出し、1,000人を対象に実施したオンライン調査の結果である。上位10人はすべて男子選手、1位はミロスラフ・クローゼで、上位10人中8人がサッカー選手であった。円盤投げのハルティングは12位、マリア・ヘフルリーシュは100人の中に入っていない。100人中およそ半数がサッカー選手であり、ドイツでサッカーがいかに愛されているかがわかる。

「今年のスポーツマン」のほかにも、以下のような表彰制度がある。

【ドイツ大統領府による表彰】

  • ドイツ大統領のスポーツメダル(100年以上の歴史をもつスポーツクラブやスポーツ団体を表彰、1984年から現在までに約7,000団体が表彰されている)

【ドイツスポーツ連盟(DOSB)・ドイツスポーツユーゲント(dsj)による表彰】

  • スポーツの星
  • スポーツエリート生徒賞
  • 男女共同参画賞
  • 今年のコーチ
  • 学校体育賞
  • 未来賞
  • 倫理賞
  • ドイツスポーツフェアプレイ賞

生涯スポーツの表彰として特に注目すべきは「スポーツの星(Sterne des Sports)」である。DOSBとフォルクスバンク・ライフアイゼンバンクグループ(農業組合など組合系の銀行の連合会)の共催で、イノベイティブなアイディアやコンセプトで社会貢献をするスポーツクラブが表彰されており、以下の11テーマが設けられている。

1)研修・資格 2)ボランティア育成 3)ファミリー
4)健康と疾病予防 5)男女共同参画 6)インテグレーションとインクルージョン
7)子供・青少年 8)気候・自然・環境保護 9)向上へのモチベーション
10)高齢者 11)クラブマネジメント  

まず、地域単位で応募、選考が行われる。地域で最優秀に選ばれたクラブには、「銅の星賞」が授与され、州の選考に進む。州単位の最優秀クラブには「銀の星賞」が与えられ、連邦(全国)の最終選考に進出する。金賞にあたる最優秀賞は「スポーツの大きな星(Der Große Stern des Sports)」である。2014年は全国でおよそ2,500のスポーツクラブが応募し、地域・州で選びぬかれた17クラブが2015年1月28日、ベルリンでの表彰式に招待された。

DOSB会長のアルフォンス・ヘアマンは表彰式の席上でこう述べた。「スポーツ国ドイツには9万1千のスポーツクラブがあり、それぞれが日々さまざまな活動をしている。これについては世の中で語られることはあまりない。この表彰を通じて、全国のスポーツクラブの運営に携わる約880万人のボランティアに光を当てることができることは素晴らしい」。DOSBの副会長や組合系銀行グループをはじめ、2大テレビ局、2大新聞、ドイツプレスエージェンシー、全国都市連絡協議会それぞれの代表で構成された審査委員たちは1~3位を選んだが、残り14クラブの優劣はつけられないと、すべて4位とした。プレゼンターは連邦大統領と首相が毎年交代で行っており、今年はヨアヒム・ガウク大統領の番であった。大統領は祝辞で、「"自分には何かできる、私は強い、ほかの人と一緒にやればもっと沢山できる"ということを認識すること。これはスポーツだけでなく、人間が共同生活をするうえで、重要な要素である。スポーツはそのためのよいチャンスを私たちに与えてくれる」と述べた。1位のクラブには1万ユーロ(140万円)、2位に7,500ユーロ(105万円)、3位に5,000ユーロ(70万円)、4位の14クラブにはそれぞれ1,000ユーロ(14万円)の賞金が授与された。賞金はスポンサーの組合系銀行グループが提供した。

「スポーツの星」の表彰式では、同時に「ボランティア支援賞(Pro Ehrenamt)」の表彰が行われた。これは、自分の時間を犠牲にして社会貢献活動する者にも、政治や経済、メディアの支援が必要であるという考えのもと、ボランティア活動推進に貢献した人、企業、団体を表彰する制度である。2014年は11年前の「スポ-ツの星」設立以来支援し、その発展に貢献してきた組合系銀行グループの会長ウーベ・フローリッヒ(Uwe Fröhlich)に授与された。

スポーツにはたくさんの「顔」がある。

※文中1ユーロ=140円で換算

参考資料:

  • DOSB-Presse Nr.4,5,6、ビルト(Bild)紙、DOSBウェブサイト
レポート執筆者
高橋 範子

Correspondent, Sasakawa Sports Foundation

ページの先頭に戻る