本文へスキップします。

国際情報

Sport News

2014年12月17日

SSF Correspondent Session 2014 開催レポート

11月27日(木)、今年度より笹川スポーツ財団が始めた諸外国スポーツ政策調査に従事いただいております2名の海外研究員による海外スポーツ状況報告会をおこないました。

同事業は、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア等に在住の方に海外研究員を務めていただき、現地のスポーツ情報(政策や環境・実施動向など)をリアルタイムに収集、発信を当財団webサイトにて行うものです。

今回は、イギリスよりDavid Minton氏、アメリカより内藤拓也氏が来日される機会をとらえ、急きょ、状況報告会を開きそれぞれ発表をいただきました。

David Minton氏からは、自身が開発に携わったfitness swimming用アプリ「Speedo Fit」をご紹介いただきました。同サービスはスマートフォンから簡単にスポーツ施設検索、スケジュール確認ができ、また、自分の運動量などを計測し、他の人と共有することができるサービスで、現在、60ヵ国で展開しています。日本でもまもなくサービス開始とのことです。

http://explore.speedousa.com/speedofit/

また、内藤氏からは、所属する米国バレーボール協会が手がけるグラスルーツでの普及プログラムをご紹介いただきました。子どもたちに、いかに多くの試合機会を提供して選手強化、競技の普及やファンづくりにつなげられるかについてお話しいただきました。

海外研究員による海外のスポーツ情報はwebサイトの以下のページで随時公開しています。

詳しくはこちらから

写真左から
渡邉一利(笹川スポーツ財団専務理事)
内藤拓也氏(海外研究員)
David Minton氏(海外研究員)
田中ウルヴェ京氏(笹川スポーツ財団理事)

海外研究員
David Minton 氏

Director of The Leisure Database company
Chairman of AiT (Active in Time)

主に健康・フィットネス分野の発展に資するデータ、情報の供給やコンサルティング業務を手掛けるThe Leisure Database Companyの創立者であり、現在も代表を務める。
同じく代表を務めるAiT (Active in Time)社が、「Speedo Fit」の開発を行った。コンサルタント、アドバイザーとして多くの国外企業・団体への助言も行う。

海外研究員
内藤 拓也 氏

Coordinator, Special Projects at USA Volleyball

1992(平成4)年、鹿屋体育大学卒業後、笹川スポーツ財団に就職。2006(平成18)年渡米、北コロラド大学スポーツアドミニストレーション修士課程にて就学。在学中、米国テコンドー協会(米国オリンピック委員会インターンシッププログラム)、米国バレーボール協会等にてインターンシップを経て、2008年同大学にて修士号取得後現職に就く。

ページの先頭に戻る