本文へスキップします。

研究レポート

種目別にみるスポーツ実施状況に関する研究

定期的なスポーツ実施者が10年間で減少
成人の週1回以上スポーツ実施人口は、サッカー以外は低下傾向

国民のスポーツライフに関する定点観測として「スポーツ活動に関する全国調査」「10 代の運動・スポーツ活動に関する全国調査」を 2 年ごとに実施しています。当財団では、これらの調査の過去10年間分のデータをまとめ、13のスポーツ種目について実施人口の推移を分析しましたので、結果を報告いたします。

主な調査結果

  • 年1回以上のサッカーの実施人口は、
    2000年の214万人から2010年は478万人
    年1回以上の実施人口の増加がみられる種目は「サッカー」「バドミントン」であり、週1回以上では「サッカー」のみであった。また、年1回以上、週1回以上ともに実施人口が増加している種目は、サッカーのみであり、2000年に214万人であった年1回以上の実施人口は、2010年には478万人と10年間で大きく実施者を増やしている。
  • 実施人口の減少が激しい種目は「水泳」であるが、
    週1回以上の定期的に行うスポーツ種目として上位にランクイン
    実施人口の減少が激しい種目は「水泳」であり、年1回以上、週1回以上ともに実施人口の減少が他の種目に比べて顕著である。しかし、水泳は依然として週1回以上の定期的に行うスポーツ種目として上位にランクインしており人気の高い種目である。

研究担当者から

文部科学省「スポーツ基本計画」では、『成人の週1回以上のスポーツ実施率が3人に2人(65%程度)、週3回以上のスポーツ実施率が3人に1人(30%程度)となること』を目標としている。このような高い目標が掲げられた背景には、前の「スポーツ振興基本計画」(2000~2010年)において、週1回以上のスポーツ実施率が2000年の37.2%から2009年の45.3%へと上昇したことがある。笹川スポーツ財団「スポーツライフ・データ」をみても、2000年に51.4%であった成人の週1回の運動・スポーツ実施率は、2010年には59.0%にまで上昇している。ところが、成人の実施率が上位である13種目について分析をした結果、週1回以上の実施率が伸びているのはサッカーのみで、その他の種目では実施率は減少、または横ばいであることが明らかとなった。
スポーツ実施率が上昇している背景には、健康志向の高まりによるジョギング・ランニングなどの運動(エクササイズ)系種目実施者の増加があり、こうした運動系種目の伸びに隠れて、競技系スポーツ実施者の減少への対策が放置されているのではないだろうか

笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所 研究員 武長 理栄

種目別にみるスポーツ実施状況に関する研究

  • 調査対象
    2000年から2010年までの「スポーツ活動に関する全国調査」、「10代の運動・スポーツ活動に関する全国調査」(2001年~2009年)
  • 調査方法
    「スポーツ活動に関する全国調査」(2000年~2010年)および2001年から2009年までの「10代の運動・スポーツ活動に関する全国調査」を二次分析
  • 発行
    2012年3月
全文(PDF:3.80MB)
目次
目次を全て開く
  • 発行者
    公益財団法人 笹川スポーツ財団

無断転載、複製および転訳載を禁止します。引用の際は本書が出典であることを明記してください。
本事業は、ボートレースの交付金による日本財団の助成金を受けて実施しました。

ページの先頭に戻る