本文へスキップします。

インフォメーション

城井崇文部科学大臣政務官に研究成果を報告

左から宮下量久氏(PHP総研主任研究員)、
城井崇氏(文部科学大臣政務官)、
藤原直幸(笹川スポーツ財団研究員)、
工藤保子(笹川スポーツ財団副主任研究員)

城井崇氏(文部科学大臣政務官)と
渡邉一利(笹川スポーツ財団常務理事)

2012年7月31日に城井崇(きい たかし)文部科学大臣政務官を訪問し、昨年度の研究成果である「スポーツ行政における公共部門の役割に関する研究」のご報告と笹川スポーツ財団ウェブページ『スポーツ庁を考える』のご紹介を行いました。

あわせて、当財団の「スポーツ白書」「スポーツライフ・データ」などの定期刊行物も紹介し、スポーツ界の基礎資料として、今後のスポーツ行政にお役立ていただきたい旨をお伝えいたしました。

また、2012年度の研究調査事業としてスポーツ庁の具体像についての研究を進めていることをご報告し、城井政務官からは「文部科学省としても、現在内部でさまざまな角度から検討を進めているところであり、こういった外部からの提案は非常にありがたい」とのお言葉をいただきました。

ページの先頭に戻る