Search

Sport Policy for Japan

日本のスポーツをより良くする。

大学生による政策提言発表

Sport Policy for Japanとは

Sport Policy for Japan

Sport Policy for Japan(SPJ)は、大学生による日本のスポーツ政策についての研究成果と提言を持ち寄り、意見交換と交流を図る場です。また、スポーツ科学、スポーツマネジメント、スポーツ政策の研究者、外部有識者等による評価と表彰も行います。

2011年の第1回大会から笹川スポーツ財団の主催によって開催されてきましたが、 2020年度より、Sport Policy for Japan企画委員会と日本スポーツ産業学会の共催、大学スポーツ協会(UNIVAS)・笹川スポーツ財団などの後援で開催されています。

Sport Policy for Japanの様子1
Sport Policy for Japanの様子2
Sport Policy for Japanの様子3

2021年SPJ大会

2021年10月23,24日、スポーツ政策学生会議(SPJ)2021がオンラインで開催されました。

今年は46チーム(17大学・学生234人)が参加。大学資源を利用し、児童養護施設の子供たちが身体的、 精神的、社会的に満たされた状況(ウェルビーイング)を目指した支援策の提言を行った、神奈川大学小倉ゼミナールチームYの「児童養護施設におけるスポーツ等を通じた支援活動~大学と地域資源を生かして~ 」が最優秀賞を受賞しました。

過去のSport Policy for Japan