本文へスキップします。

スポーツライフ・データ スポーツ活動に関する全国調査

日本人の運動・スポーツ実施状況のデータと分析             

笹川スポーツ財団では、1992年から日本国内のスポーツライフの実態把握を定期的に行う「スポーツ活動に関する全国調査」を実施しています。調査・分析にあたっては、年齢別に「18歳以上」、「子ども・青少年(4~21歳)」の2つに分類し、結果を報告書にまとめています。長年にわたるデータの蓄積と分析結果から、誰もが日常的にスポーツを楽しめる社会の実現に向け、より詳細な実態把握をおこなっています。

スポーツライフ・データ

全国の18歳以上のスポーツライフについての調査データ

子ども・青少年のスポーツライフ・データ

全国の4~21歳のスポーツライフについての調査データ

 

データでみる日本のスポーツ

スポーツライフ・データ 分析レポート

  • 「青少年のスポーツニーズと運動部活動」

    -運動部活動の志向性からみる青少年の運動・スポーツ活動状況-

  • 「なぜ、野球部の練習は長いのか?」

    -他の運動部との比較と野球部員の部活に対する不満から読み解く-

  • 「スポーツライフ・データとは?」

    -調査の概要と特徴-

  • 「習いごと・スポーツクラブ活動状況からみる幼少年期の子どもの運動・スポーツ」

    -「指導する」から「一緒に遊ぶ」活動へ-

  • 「インターネット調査回答者の運動・スポーツ実施状況の特徴」

    -スポーツライフ・データ2016との比較から-

  • 種目別にみた運動・スポーツ実施状況 その1

    - 年1回以上実施者の傾向 -

  • 種目別にみた運動・スポーツ実施状況 その2

    - 週1回以上実施者の傾向 -

  • 「青少年に対するオリンピック・パラリンピックの直接観戦推進方策」

    ~オリンピック・パラリンピックの直接観戦希望から~ 

  • 2020年東京パラリンピックに対する国民の興味・関心
       NEW 
  • 10代のスポーツボランティア
    青少年スポーツのする・みる・ささえるの実態と課題-ささえるに着目して-
       NEW 

データ無料ダウンロード

スポーツライフ・データ

最新の調査をはじめ、過去のスポーツライフ・データのローデータ(クロス集計結果を含む)を提供しています。

活用例

①政策立案 所属自治体と全国の比較や調査設計に活用(年齢や性別、地域ごとの特徴をの把握)

②研究   研究の導入部分の資料や仮説を立てる際に活用(現状の把握、問題提起、仮説、序論)

③ビジネス 商品企画や営業の場面で活用(市場調査、データの裏付け、潜在的なニーズの発見)

過去のスポーツライフ・データ

ページの先頭に戻る