本文へスキップします。

2018年大会

Sport Policy for Japanとは、日本のスポーツの現状や将来について問題意識を持つ大学3年生が、所属大学の枠を超え、政策提言を持ち寄り、意見を交換する場です。
笹川スポーツ財団では、Sport Policy for Japanを主催し、学生の「自分たちの力で日本のスポーツをより良くしよう!」という情熱を応援します。

2018年SPJ大会

Sport Policy for Japan 2018が10月27日、28日に開催され、23大学56チーム 総勢280名が参加いたしました。
審査の結果、最優秀賞・優秀賞、また特別賞が決定いたしました。

大学名 チーム名 タイトル 概要
最優秀賞 明治
大学
澤井ゼミナールB キャリスタ同窓会
〜同窓会は地方とJクラブを救うか?〜
Jリーグの試合に、同窓会と就職活動イベントを組み合わせ、地方自治体が抱える人口流出などの社会課題を解決する


亜細亜
大学
石黒ゼミA 母親のスポーツ実施率向上を目指して
~保育園の休園日を活用した新規事業の提案~
幼児期以下の子どもを持つ母親に向けたスポーツ活動を促進する新規事業を提案する
静岡産業大学 香村ゼミナール 中学生の運動習慣改善のために
~レクリエーション志向の運動部活動
普及に向けて~
レクリエーション志向の部活の課題や運営上の工夫を整理、今後、同志向の部活が普及を目指す政策を提言
東海
大学
秋吉ゼミ 非行少年をスポーツで救え!
― 総合型地域スポーツクラブを活用
した政策―
非行少年の再非行を防止するため、スポーツ通じ地域住民とのふれあいを取り入れた政策を提言
立教
大学
松尾ゼミナール
A班
特別支援学校における肢体不自由児への「みる」スポーツ支援の確立
~「みるパラ!」プロジェクト~
肢体不自由児を対象に障害者スポーツに参画するきっかけとしての「みる」スポーツを促す支援策の提言
立教
大学
松尾ゼミB班 働く未婚女性のスポーツ実施率向上に
むけた「ゆずプロジェクト」
-ウエルネスの観点から-
働く未婚女性をターゲットに「スポーツ実施」「働き方改革」「婦人系疾患の予防」の側面から、提言を行う


大阪体育大学 冨山ゼミ
Aチーム
キャラクターマーケティングを活用した
子どものスポーツ実施率の向上施策
ご当地ヒーロー、キャラクターを通じて、子どもたちにスポーツに関心をもってもらう企画を提案する
神奈川
大学
大竹ゼミナール
チームJ
スポーツ界におけるLGBTフレンドリーの実現をめざして
―東京2020のレガシーとして何を残すか―
スポーツ界からLGBTフレンドリーの実現を社会に発信し、世の中の意識改革を目指す
県立広島大学 和田ゼミ サンフレツーリズム
~タイ人向けサッカー観戦&広島堪能
ツアーの提案~
タイ人向けのサッカー観戦と広島観光を堪能できるツアーコンテンツの企画・提案
東海
大学
大津ゼミ 社会人に向けた運動促進政策
―ウォーキングに新たな価値を―
スポーツと環境問題の繋がりを意識させ、運動実施率の向上を目的とした「ながら発電」の提案
一橋
大学
岡本ゼミ
チームI
「マイナースポーツの聖地」創出による
地域活性化
〜香川県多度津町をモデルケースとして〜
マイナースポーツを活用することで地方の交流人口を増やし、地域の活性化を促す政策を提案
早稲田
大学
間野義之ゼミ スポーツを通じた国際理解教育
―エスニックスポーツの教材化に関する
提言―
スポーツを用いた異文化受容プログラムをデザインし、国際理解教育を促す政策を提言


大会
2018年10月27日(土)10:30~18:55
         28日(日)10:00~16:30         
会場
神奈川大学 横浜キャンパス(神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-27-1)
基調講演
神奈川県知事 黒岩 祐治氏
主催
公益財団法人笹川スポーツ財団
神奈川大学(会場協力)
参加チーム
参加大学 23大学 56チーム 280名 (参考:昨年大会 22大学 50チーム 290名)
募集期間
2018年5月21日(月)~6月22日(金)


発表チームについて

2018年度大学3年生 5名程度のグループ参加(最小3名)

指導教員が付くことが必須。
参加チームはゼミ単位でなくてもかまいません。

原則として、同一ゼミからの参加は3チームを上限とします。
※参加チーム数の状況により、3チームエントリーいただいているゼミには、一律で2チームへの変更をお願いする場合がございます。

募集テーマ分野の例

  • スポーツ施設
  • スポーツ組織
  • スポーツを支援する人々
  • アスリート
  • スポーツイベント
  • 体育、部活動
  • 障害者スポーツ
  • スポーツライフ ※

※笹川スポーツ財団発行「スポーツライフ・データ」をご活用ください。
  元データを提供しております。

具体的なテーマ例

  • 『オフィススポーツの新しいカタチ―中小企業に向けた政策―』
  • 『特別支援学校卒業後の成人障がい者に対する運動支援と支援体制の確立』
  • 『東京2020大会終了後のボランティアに活躍の場を~東京オリンピック・パラリンピックのレガシー~』
  • 『子どもと保護者の運動促進に向けたかるがもプロジェクト』
  • 『運動・スポーツをより身近な存在に~地域住民と作り上げる公園~』
  • 『スポーツボランティアを身近に~チャレンジデーをモデルにした新規事業の提案~ 』
  • 『災害復旧・復興支援のためのファンタジースポーツ政策~ドリームチームで被災地を救え~』
  • 『海の魅力度向上ー海洋国NIPPONにおける1年を通した海の活性化ー』
  • 『青少年スポーツ活動における重大事故防止のための対策』
  • 『プロ野球16球団構想の実現可能性』
  • 『トライアスロンの可能性!!in白浜~人口減少と空き資源の活用~』
  • 『ミニスポーツ教室ー貧困層の子どもたちにー』

チームエントリー

受付期間:5月21日(月)~6月22日(金)

また、以下の日程でガイダンス・勉強会を行いますので、ご参加をお願いします。

参加チームガイダンス ならびに「政策提言の組み立て方」勉強会

日時 2018年7月4日(水)18:00~20:00
会場 日本財団ビル2階 大会議室(東京都港区赤坂1-2-2)
アクセス・地図
参加対象者

参加チーム全員

所属大学が遠方の場合の出席は任意とします

内容 ・Sport Policy for Japan 2018 概要説明
・政策提言の組み立て方勉強会
  講師:熊谷 哲 (笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所 研究主幹)
参加受付は締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。


ページの先頭に戻る