Search

ジョギングランニング人口

ジョギング・ランニング実施率の推移

過去に実施したスポーツライフ・データの集計結果を二次分析し、成人や青少年の運動・スポーツ実施率の推移を種目別にまとめています。
日本人のスポーツライフの動向を把握するデータとして広くご活用ください。

① 2018年のジョギング・ランニング実施率(年1回以上)は9.3%、推計実施人口964万人

2018年の年1回以上ジョギング・ランニング実施率は9.3%であり、推計実施人口は964万人であった。ジョギング・ランニング実施率は2006年から増加を続け、2012年の9.7%をピークに減少に転じていたが、2018年は前回2016年調査から0.7ポイント増加した。性別にみると男性12.9%、女性5.8%と男性の割合が高い。1998年との比較では、男性は8.7%から4.2ポイント増加している一方で、女性は5.2%から0.6ポイント増加と大きな変化はみられない。

表1 年1回以上の実施率の推移
調査年19982000200220042006200820102012201420162018
全体実施率(%)6.97.74.86.65.97.38.59.79.58.69.3
推計人口(万人)6757664836716067558831,009986893964
男性実施率(%)8.710.56.29.78.110.012.214.012.911.812.9
推計人口(万人)413506302478402500612703647592646
女性実施率(%)5.24.93.43.54.04.64.85.36.15.45.8
推計人口(万人)262251176184212246257285327290311

注)推計人口は住民基本台帳の成人人口(人)に実施率(%)を乗じて算出

笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

表2 週1回以上の実施率の推移
調査年19982000200220042006200820102012201420162018
全体実施率(%)3.73.42.13.32.93.44.25.55.34.55.3
推計人口(万人)362338211336298352436572550467550
男性実施率(%)4.45.63.25.23.94.96.58.37.46.37.8
推計人口(万人)209270156256194245326417371316391
女性実施率(%)3.01.21.11.42.02.02.02.73.22.72.8
推計人口(万人)151615773106107107145172145150

注)推計人口は住民基本台帳の成人人口(人)に実施率(%)を乗じて算出

笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

表3 週2回以上の実施率の推移
調査年19982000200220042006200820102012201420162018
全体実施率(%)2.52.61.42.12.12.42.93.73.63.53.6
推計人口(万人)245259141214216248301385374364373
男性実施率(%)3.04.51.93.62.83.34.46.05.14.95.4
推計人口(万人)14221793177139165221301256246270
女性実施率(%)2.00.70.90.81.41.51.41.52.22.11.8
推計人口(万人)1013647427480758111811397

注)推計人口は住民基本台帳の成人人口(人)に実施率(%)を乗じて算出

笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

参考:住民基本台帳人口

(人)

基準年月1997.31999.32001.32003.32005.3
20歳以上総計97,845,74299,426,665100,649,429101,730,947102,636,961
20歳以上男性47,463,67248,219,45248,781,48549,274,80549,670,810
20歳以上女性50,382,07051,207,21351,867,94452,456,14252,966,151
基準年月2007.32009.32011.32013.32015.1
20歳以上総計103,387,474103,824,522103,973,831103,811,681103,888,078
20歳以上男性50,011,43450,196,85650,236,39750,128,14050,169,418
20歳以上女性53,376,04053,627,66653,737,43453,683,54153,718,660
基準年月2017.1
20歳以上総計103,708,284
20歳以上男性50,077,554
20歳以上女性53,630,730

資料:総務省統計局ウェブサイト(住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯調査数)

② 過去20年間で20~30歳代のジョギング・ランニング実施率が増加

2018年の年1回以上ジョギング・ランニング実施率は20歳代と30歳代が最も高く、15.2%であった。次いで40歳代と50歳代が9.4%、60歳代5.1%、70歳以上2.8%であった。20歳代は2004年以降増加を続け2014年に19.6%に達した後に減少したが、過去20年間の傾向として増加している。同様に、30歳代も2002年以降増加し2018年は過去最高の15.2%となり、20歳代に追いつく高い実施率である。

表4 年1回以上の実施率の推移(年代別、性×年代別)

(%)

注)年1回以上は週1回以上、週2回以上も含む
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

表5 週1回以上の実施率の推移(年代別、性×年代別)

(%)

注)週1回以上は週2回以上も含む
笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

表6 週2回以上の実施率の推移(年代別、性×年代別)

(%)

笹川スポーツ財団「スポーツライフに関する調査報告書」(1998~2018)より作成

③ 東京都区部のジョギング・ランニング実施率が高い

東京マラソンが開始された2007年以降のジョギング・ランニング実施率を都市規模別に算出した。2018年は東京都区部が13.4%と最も高く、20大都市10.7%、人口10万人未満の市9.7%、人口10万人以上の市8.3%、町村6.0%が続く。人口規模が大きいほど実施率が高い傾向がある。経年変化をみると、東京都区部は2010年12.3%から2012年17.8%へ5.3ポイント増加した後に減少し、近年は2008年の実施率と大きく変わらない。また、他の都市規模も2008年以降、実施率の大きな増減はみられない。

東京都区部の実施者が多い

2018年の年1回以上ジョギング・ランニング実施率は9.3%であり、推計実施人口は964万人であった。ジョギング・ランニング実施率は1998年の6.9%から増減を繰り返した後に緩やかな増加を続け、最も高い2012年の9.7%から減少していたが、2018年は前回2016年調査から0.7ポイント増加した。ジョギング・ランニング実施率の増加は主に男性、20~30歳代(特に女性20歳代と男性30歳代)が牽引しており、それ以外の者は明確な増加傾向はみられない。また、都市規模別では東京都区部に住む者のジョギング・ランニング実施率が13.4%と最も高く、人口規模が大きい地域ほど実施率が高い傾向が明らかとなった。ただ、東京都区部の実施率は2012年の17.8%と比較すると2014年以降は減少し、10~14%の間で推移している。

東京マラソンによるブームに落ち着きか

男性や20~30歳代、東京都区部に住む者のジョギング・ランニング実施率が増加してきた背景には、2007年の東京マラソン開始を契機としたジョギング・ランニングブームがあると考えられる。2018年のジョギング・ランニング実施率は2012年頃のピークと比較するとわずかに低い水準だが、東京マラソン開始前の2006年と比較すると増加している。ジョギング・ランニング人気の低下というよりは、ブームによる急激な実施率の増加がやや落ち着いた状況であると推察される。今後も実施率を維持していくには、ブームをきっかけにジョギング・ランニングを始めた者が継続しやすいコースやステーションといった環境整備、忙しさ等を理由に離脱した者が再開しやすいよう短時間で走る実施スタイルの発信等の取り組みが求められる。

【笹川スポーツ財団 スポーツ政策研究所 研究員 藤岡 成美

スポーツライフに関する調査2018 概要

調査内容
運動・スポーツ実施状況、運動・スポーツ施設、スポーツクラブ・同好会・チーム、スポーツ観戦、スポーツボランティア、スポーツ活動歴、日常の生活習慣・健康、2020 年東京オリンピック・パラリンピック 他
調査対象
全国の市区町村に居住する満18歳以上の男女 3,000 人
(男性:1,491 人、女性 1,509 人)
地点数
300地点(大都市88地点、人口10万人以上の市122地点、人口10万人未満の市65地点、町村25地点)
調査時期
2018年7月6日~8月10日
データの使用申請

最新の調査をはじめ、過去のスポーツライフ・データのローデータ(クロス集計結果を含む)を提供しています。

活用例

  1. 政策立案:所属自治体と全国の比較や調査設計に活用(年齢や性別、地域ごとの特徴をの把握)
  2. 研究:研究の導入部分の資料や仮説を立てる際に活用(現状の把握、問題提起、仮説、序論)
  3. ビジネス:商品企画や営業の場面で活用(市場調査、データの裏付け、潜在的なニーズの発見)
テーマ

スポーツライフ・データ

キーワード
年度

2018年度

担当研究者