Search
チャレンジデー

SSFもWorld Walking Day 2021に参加しました!
(TAFISA-JAPAN)

10月3日(日)、TAFISA-JAPAN(日本スポーツ・フォー・オール協議会)の構成団体である笹川スポーツ財団は、同じく構成団体である健康・体力づくり事業財団、日本スポーツ協会と一緒に、TAFISA World Walking Day 2021に参加しました。

TAFISAでは、毎年世界中でワールドウォーキングデーを開催していましたが、昨年に引き続き今年も新型コロナウイルス感染症の影響で現地開催は中止に…。そのかわりに、ニュージーランドから西回りにカナダまでバトンを繋ぐ24時間オンラインリレー形式(東から西まで24のタイムゾーン)で開催!

TAFISA-JAPANでは、構成団体の3団体合同で動画を作成しました。



当日は、世界中から86ヵ国が参加。各国の競技団体や大学、国内のスポーツ・フォー・オール推進機関、ローカルスポーツクラブなどから投稿があり、24時間で世界中から数百の動画や写真が共有されました。
https://www.instagram.com/stories/highlights/18171720088085631/?hl=en

■TAFISA(The Association For International Sport for All)
世界170か国・地域に350を越える団体を持つスポーツ・フォー・ オールの国際統轄団体で、本部はドイツのフランクフルトに設置されています。2年に1度、世界中のスポーツ・フォー・オール団体や関係機関等の参加者が、基調講演やディスカッションといったプログラムを通して、スポーツ・フォー・オールの理念や身体活動を推進するための国際会議として、 TAFISAワールドコングレスを開催しています。

http://tafisa.org/(英語)

■TAFISA-JAPAN
日本の生涯スポーツの推進を目的に、1992年に日本体育協会(現 日本スポーツ協会)、健康・体力づくり事業財団、笹川スポーツ財団、日本レクリエーション協会の4団体で日本スポーツ・フォー・オール協議会(TAFISA-JAPAN)を設立しました。現在は、日本スポーツ協会、健康・体力づくり事業財団、笹川スポーツ財団で構成されています。

https://www.ssf.or.jp/dotank/international/tafisa-japan2019/jp/tafisa-japan/index.html