Search
国際情報
International information

「スポーツ・フォー・オール」の理念を共有する国際機関や日本国外の組織との連携、国際会議での研究成果の発表などを行います。また、諸外国のスポーツ政策の比較、研究、情報収集に積極的に取り組んでいます。

知る学ぶ
Knowledge

日本のスポーツ政策についての論考、部活動やこどもの運動実施率などのスポーツ界の諸問題に関するコラム、スポーツ史に残る貴重な証言など、様々な読み物コンテンツを作成し、スポーツの果たすべき役割を考察しています。

10代のバスケットボール人口

10代(小中高生、大学生など)のバスケットボール人口は230万人/男性:137万人/女性:92万人
 バスケット人口

笹川スポーツ財団では、2021年6月から7月にかけて「子ども・青少年のスポーツライフ・データ(4~21歳のスポーツライフに関する調査)」を実施しました。10代(小中高生、大学生など)のバスケットボール人口(実施人口)は230万人、男子137万人、女子92万人となりました。

この「子ども・青少年のスポーツライフ・データ」の中から、10代のバスケットボール人口(実施人口)・実施率の推移を解説します。

1.年1回以上の「バスケットボール」実施率の推移(2001~2021年):全体・性別(10~19歳)

2021年の年1回以上の実施率は全体20.6%、男子24.0%、女子17.0%であった。調査開始の2001年と比較すると全体は8.0ポイント減(28.6%→20.6%)、男子は10.8ポイント減(34.8%→24.0%)、女子は5.1ポイント減(22.1%→17.0%)となる。実施率の推移をみると、全体と男女ともに2001年から2011年にかけて低下し、その後2015年に上昇したが2017年以降は再度減少に転じた。20年間では減少傾向にあるといえる。

表1 年1回以上の「バスケットボール」推計人口・実施率の推移(2001~2021年):全体・性別 (10~19歳)
2001 2005 2009 2011 2013 2015 2017 2019 2021
全体 実施率(%) 28.6 28.6 26.3 23.8 25.9 28.1 26.8 23.7 20.6
推計人口(万人) 393 368 319 286 309 333 311 270 230
男子 実施率(%) 34.8 32.7 30.5 29.5 32.2 34.7 31.7 30.5 24.0
推計人口(万人) 245 215 189 181 196 210 188 178 137
女子 実施率(%) 22.1 24.6 22.0 18.0 19.0 21.3 21.2 16.4 17.0
推計人口(万人) 148 154 130 105 111 123 120 91 92

注1)推計人口は推計人口は住民基本台帳の10代人口(人)(人)に実施率(%)を乗じて算出
注2)推計値を算出する際に端数が発生するため、全体の人口と男子・女子を合計した人口は必ずしも一致しない
笹川スポーツ財団「子ども・青少年のスポーツライフに関する調査報告書」(2001~2021)より作成

2021年の10代(小中高生、大学生など)のバスケットボールの推計人口は230万人である。2001年の393万人から160万人程度減り、過去最低の推計人口となった。男子は2001年の245万人から2021年は137万人と100万人以上減少し、女子も60万人程度減少した(148万人→92万人)。

2.年1回以上の「バスケットボール」実施率の推移(2001~2021年):年代別(10~19歳)

年代別の実施率をみると、2021年では小学生年代(10,11歳)24.5%が最も高く、中学生年代(12~14歳)23.4%、高校生年代(15~17歳)18.3%、大学生年代(18,19歳)14.2%と続く。実施率の高い小学生年代と中学生年代の推移をみると、中学生年代は2001年~2013年まで他の年代よりも高い実施率を示していたが、2015年に小学生年代の実施率が上回った。その後は両年代とも同程度の実施率で推移しており、2015年以降は減少傾向である。高校生年代と大学生年代も小・中学生年代と同様に実施率は減ってきている。

表2 年1回以上の「バスケットボール」実施率の推移(2001~2021年):年代別(10~19歳)(%)
2001 2005 2009 2011 2013 2015 2017 2019 2021
全体 小学生年代(10,11歳) 29.8 28.6 26.5 22.4 29.3 34.0 29.6 28.0 24.5
中学生年代(12~14歳) 38.4 33.7 32.7 29.4 29.5 33.6 32.2 26.5 23.4
高校生年代(15~17歳) 23.4 28.4 24.8 23.8 24.6 25.8 22.7 21.9 18.3
大学生年代(18,19歳) 21.8 19.4 18.4 18.1 19.1 20.3 18.8 14.7 14.2
男子 小学生年代(10,11歳) 33.6 29.3 25.9 24.1 35.7 40.5 34.9 34.0 29.0
中学生年代(12~14歳) 42.9 35.8 36.4 36.7 34.9 39.3 36.5 33.7 26.8
高校生年代(15~17歳) 31.1 33.7 31.6 31.3 32.2 32.8 27.3 30.0 22.8
大学生年代(18,19歳) 30.2 29.5 23.0 22.4 24.2 26.0 24.0 19.5 13.9
女子 小学生年代(10,11歳) 26.2 27.9 27.1 20.5 21.6 27.8 23.8 21.8 19.6
中学生年代(12~14歳) 33.7 31.8 29.0 22.6 23.6 26.3 26.8 17.9 19.9
高校生年代(15~17歳) 15.2 23.3 17.3 15.9 16.4 18.4 17.8 13.2 13.9
大学生年代(18,19歳) 12.3 9.2 13.9 13.9 14.0 15.9 13.3 9.4 14.5

笹川スポーツ財団「子ども・青少年のスポーツライフに関する調査報告書」(2001~2021)より作成

男子の年1回以上の実施率は、小学生年代が29.0%で最も高く、中学生年代26.8%、高校生年代22.8%と続く。2001年に最も高い実施率を示した中学生年代は過去20年間で16.1ポイント低下し(42.9%→26.8%)、小学生年代・高校生年代に比べて減少幅が大きい。女子の実施率は小学生年代と中学生年代が他の年代に比べて高い割合を示している。また、男子と同様に中学生年代における過去20年間の減少幅が大きく、2001年に約3人に1人であったバスケットボールの実施者は2021年に約5人に1人まで減少した。

3.週1回以上の「バスケットボール」実施率の推移(2001~2021年):全体・性別(10~19歳)

全体の週1回以上の実施率は、ピークの2017年(13.0%)まで増加傾向であったが、その後は減少に転じ、2021年は最も低い実施率の7.5%を示した。男子も全体と同様の推移を示し、2017年は16.1%であったが2021年8.3%と約半数まで減少した。女子は2005年と2009年において他の年度に比べて高い実施率を示したが、それ以降減少傾向で推移し、2021年は過去最低の6.8%になった。

表3  週1回以上の「バスケットボール」推計人口・実施率の推移(2001~2021年):全体・性別 (10~19歳)
2001 2005 2009 2011 2013 2015 2017 2019 2021
全体 実施率(%) 9.4 11.0 11.6 11.5 10.9 11.9 13.0 11.5 7.5
推計人口(万人) 129 141 141 138 130 141 151 131 84
男子 実施率(%) 10.6 11.3 12.3 13.5 13.3 15.3 16.1 14.9 8.3
推計人口(万人) 74 74 76 83 81 93 96 87 47
女子 実施率(%) 8.0 10.7 10.8 9.6 8.3 8.4 9.6 7.8 6.8
推計人口(万人) 54 67 64 56 48 48 54 43 37

注1)推計人口は推計人口は住民基本台帳の10代人口(人)(人)に実施率(%)を乗じて算出
注2)推計値を算出する際に端数が発生するため、全体の人口と男子・女子を合計した人口は必ずしも一致しない
笹川スポーツ財団「子ども・青少年のスポーツライフに関する調査報告書」(2001~2021)より作成

「子ども・青少年のスポーツライフ・データ2021」調査概要

調査内容
運動・スポーツ実施状況、運動・スポーツ施設、スポーツクラブ・運動部、 習いごと(4~11 歳)、スポーツ観戦、スポーツボランティア、好きなスポーツ選手、スポーツ傷害、健康認識・生活習慣、身体活動、個人属性 等
調査対象
1)母集団:全国の市区町村に在住する12~21歳
2)標本数:3,000人
3)抽出方法:層化二段無作為抽出法
地点数
全国225地点
調査時期
2021年6月26日~7月22日
データの使用申請

最新の調査をはじめ、過去のスポーツライフ・データのローデータ(クロス集計結果を含む)を提供しています。

活用例

  1. 政策立案:所属自治体と全国の比較や調査設計に活用(年齢や性別、地域ごとの特徴を把握)
  2. 研究:研究の導入部分の資料や仮説を立てる際に活用(現状の把握、問題提起、仮説、序論)
  3. ビジネス:商品企画や営業の場面で活用(市場調査、データの裏付け、潜在的なニーズの発見)
テーマ

スポーツライフ・データ

キーワード
年度

2021年度

担当研究者