Search

スポーツ政策研究所/研究調査スタッフ

スポーツ政策研究所について

笹川スポーツ財団(SSF)は、国民一人ひとりが自分の生き方に合わせたスポーツを楽しむことに幸福を見出す社会(スポーツ・フォー・エブリワン)の実現をミッションに掲げ、さまざまな事業を展開しています。

設立20年の節目を迎えた2011年、調査・研究活動を軸とした組織運営に転換。民間、非営利、独立のわが国唯一無二のスポーツ専門のシンクタンクとして新たな一歩を踏み出し、スポーツ振興に向けた各種基礎データの収集や研究活動をさらに拡充するために、「スポーツ政策研究所」を組織しました。

7つの活動の柱( 領域 )、「スポーツによる地域活性化」「子どものスポーツ」「障害者のスポーツ」「スポーツボランティア」「スポーツによる健康増進」「スポーツ人材」「スポーツガバナンス」において、国内外で調査・研究活動を行っています。

また、研究調査スタッフがリーダーとなり、他の研究員や外部有識者などと研究ユニットを組成。ユニット制の導入により、各テーマの研究で外部有識者の知見も交えた複眼的なアプローチが可能となり、研究の質的向上に寄与しています。

調査や研究により収集・分析された結果は、国や自治体のスポーツ政策立案やスポーツ振興組織の事業立案に活用いただきます。

研究調査スタッフ

笹川スポーツ財団とはSport for Everyone