Search

女子サッカー“育成と発展”に尽力する現場のいま

~女子中学生のスポーツ環境~
女子サッカー

ドイツで開催された、2011FIFA女子ワールドカップ。決勝戦で勝利を決めた後の表彰台で喜びを爆発させる日本サッカー女子代表・なでしこジャパンの姿は、今も鮮やかな記憶として残っている。そんな世界一に輝いた日本の女子サッカーだが、『中学生年代の育成』という大きな問題を抱えている。
女子中学生年代の何が問題なのか、W杯優勝後に変化はないのだろうか、どういった改善策があるのか―。女子サッカーにおける中学生年代をテーマに、スポーツやサッカーに携わる研究者や指導者へのインタビューを全4回にわたりお届けする。

  • 上野 直彦 氏 上野 直彦(うえの なおひこ) 兵庫県生まれ。スポーツライター。女子サッカーの長期取材を続けている。またJリーグの育成年代、特に柏レイソル、大宮アルディージャ、FC東京の下部組織の取材を行っている。『Number』『ZONE』『VOICE』などで執筆。また、ビジネス系サイト・NewsPicksで「ビジネスはJリーグを救えるか?」連載中。イベントやテレビ・ラジオ番組にも出演。
    女子サッカーでは『なでしこの誓い』(学研)、『なでしこのキセキ 川澄奈穂美物語』(原作/小学館)。現在、週刊ビッグコミックスピリッツ(小学館)では初のJクラブユースを描く漫画『アオアシ』で原案・取材担当。女子ワールドカップ日本招致活動に努めている。