Search

宮本 幸子

  • 宮本 幸子 Sachiko Miyamoto 政策ディレクター
    専門研究テーマ
    スポーツ社会学、子どものスポーツ

略歴

教育関連研究所を経て、2016年笹川スポーツ財団に。主に、子ども・保護者・教員を対象とした調査研究を行う。
2022年4月より現職

【メディア出演情報】
2022年2月22日(火)放送のNHK「視点・論点」に出演いたしました。テーマ:「子どものスポーツへの親のサポート」
https://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/460703.html

研究実績

2022年度
【子どものスポーツ活動】保護者の当番の“大変なイメージ”が、子どもをスポーツから遠ざける可能性
小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究 2021
2021年度
政策提言:「子どもの体力向上には、自治体による『平均値の向上』に振り回されない施策推進と、それを支援する国の体制構築が必要」
小学校における児童の「体力向上」に向けた基礎研究と支援事業(2018-2020)
2022年度
好きなスポーツ選手 (スポーツライフ・データ)

好きなスポーツ選手2022・第1位 「大谷 翔平」!
20~70歳代、幅広い層で1位獲得。井上尚弥が初の上位に。
2021年度
子ども・青少年のスポーツライフ・データ 2021
コロナ禍での、幼児・小学生の運動・スポーツ、運動部活動、心の健康への影響 など
2021年度
子どものスポーツ活動、保護者の負担は母親の負担が大きい構造が続く
【小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究2021(速報値)】
2020年度
スポーツライフ・データ 2020
週1回以上の運動・スポーツ実施率は、調査開始以来最高の59.5%
2020年度
2020年 好きなスポーツ選手 (スポーツライフ・データ)
「大坂なおみ」が第4位と初の上位に。 1位は前回調査に続き「羽生結弦」
2019年度
小学校における児童の「体力向上」に向けた基礎研究と支援事業
2020年度
誰が子どものスポーツを「ささえる」のか
―家族のサポートから考える―

2017年度
小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究 2017
2016年度
子どものスポーツと親の関わり、母親は「負担」よりも「やりがい」
【小学生のスポーツ活動における保護者の関与・負担感に関する調査研究(速報値)】
2016年度
平成28年度 スポーツ庁
『地域における障害者スポーツ普及促進事業』報告書
2016年度
スポーツ振興に関する全自治体調査 2015

講演活動

2019年4月
平成31年度 投力向上研修会
開催地:東京都足立区